ドラゴンクエスト11、海外版キャラクターにボイスを追加した理由が明かされる

ドラゴンクエスト11、海外版キャラクターにボイスを追加した理由が明かされる

 「ドラゴンクエスト11」について、Gamescom 2018のイベントで少しコメントが出ています。

 今回は、海外版キャラクターにボイスを追加した理由が明かされています。

 

ドラゴンクエスト11、海外版はボイスあり

ドラゴンクエスト11、海外版はボイスあり

 「ドラゴンクエスト11」は、プレイステーション4とニンテンドー3DSで2017年に発売されています。

 海外ではまだ発売されておらず、今後、2018年9月4日に、プレイステーション4版と、それをベースにしたSteam版が発売されます。

 今回、ドイツで開催されている「Gamescom 2018」のイベントに、堀井雄二氏とスクウェア・エニックスの内川氏が登場し、今作の海外版について少しコメントしています。

 そして、この中で、海外版キャラクターにボイスを追加した理由が明らかにされています。

「ドラゴンクエスト11」の海外版キャラクターにボイスを追加した理由は、英語はシンプルな言語なので、キャラクターに声を入れることで

 これによると、「ドラゴンクエスト11」の海外版キャラクターにボイスを追加した理由は、英語はシンプルな言語なので、キャラクターに声を入れることで、よりキャラクターの感情を表現できると考えているからだそうです。

 

ドラゴンクエストシリーズは、以前ほどではないものの、日本と比べると海外の方があまり売れない作品になっています

堀井節の補完に

 ドラゴンクエストシリーズは、以前ほどではないものの、日本での大ヒットと比べると、海外ではあまり売れない作品とも言える状態になっています。

 この理由はいくつかあると考えられていますが、その中の1つに、堀井雄二氏が書くテキストのニュアンスが、英語だと上手く伝わっていないのではないかというものがあります。

 いわゆる堀井節などと言われている部分ですが、これを英語にするのはなかなか難しいのではないかもと言われています。

今回、ドラゴンクエスト11の海外版をボイスありにしたのは、このような、テキストでは上手く伝わらないかもしれない微妙なニュアンスを、ボイスアクターの演技で補完

 ちなみに、この部分は、海外でドラクエを販売するごとにかなり改善されていっているようです。

 ただ、今回、ドラゴンクエスト11の海外版をボイスありにしたのは、このような、テキストでは上手く伝わらないかもしれない微妙なニュアンスを、ボイスアクターの演技で補完するという意味合いもあるとのことです。

 なお、このような日本語と英語の伝わりやすさの違いについては、キャラクターの名前を変えたり、地域の訛りを取り入れたりするといったことで改善する工夫も行っているそうです。

 ドラゴンクエストXI Amazon 楽天 セブンネット

コメント

  1. 匿名 より:

    一応ドラクエ8でも海外版はボイスありましたからなー
    後に日本では3DS版からボイスが入るようになったから、日本語ボイスには期待したいですなー

  2. 匿名 より:

    日本語ボイスの堀井節が聞きたいデース!

  3. 匿名 より:

    8でも同じだったよね。
    それまで低難易度のRPGとしか認知されてなかったけど、
    ボイス入れて英語の地方ごとの訛りとかを表現したら人気出たって話。

    スイッチ版にもボイスあったら自分はすごい嬉しいな。
    でも否定でうるさい人も居そうだからポポポ音と切り替えありも必要なのだろうか…

  4. いんくん より:

    やはり2019年に発売予定のスイッチ版でもボイスは付くと思う。来年になれば64Gカードリッジの量産も開始するし、唯一の問題だったのは容量だったから。PS4版が容量大きかったから、そこに遅れて発売する分の付加価値にボイスを付けるだろうと。