ゲームがやめられない、正式に「ゲーム障害」という病気に認定される

ゲームがやめられない、正式に「ゲーム障害」という病気に認定される

 「ゲーム障害」という病気が、国際機関により作られています。

 この病気は、ゲームがやめられない状態になったときなどに認定されます。

 

ゲームがやめられない、「ゲーム障害」に

ゲームがやめられない、「ゲーム障害」に

 「ゲーム障害」は、世界保健機関(WHO)が、国際疾病として正式に認定した病気になりました。

 この病気は、依存症などと似たものであり、「精神疾患」の1つとして位置付けられることになります。

 ゲーム障害の症状としては、簡単に言えば「ゲームがやめられない」というものになります。

 これは、「ゲームばっかりプレイしている」状態とは少し異なり、「ゲームをやめなければならないときにもやめられない」というような、自制が効かない状態に長い間なっている場合が「ゲーム障害」という精神疾患になります。

 つまり、寝なければならないときに寝ないなどの健康上の問題や、学校や会社などをさぼってゲームをプレイし続けるなどの社会生活上の問題を引き起こすようになった状態がゲーム障害です。

学校や会社などをさぼってゲームをプレイし続けるなどの社会生活上の問題を引き起こすようになった状態がゲーム障害

 多くの人は、ついつい長時間ゲームをプレイしてしまうという状態を経験したことがあると思われますが、さすがにヤバいと思ったときにゲームをやめれていれば、それは病気ではなく、単に誘惑に弱いぐらいの感じです。

 ただ、そういった状態を何度も繰り返すと、「リミッター」が外れて病気の段階へと移行してしまうかもしれないので、ゲームは、ほどほどのプレイ時間でやめるようにしておきましょう。

 ちなみに、今回、国際機関が正式に病気として認定して来たことで、今後、ゲーム障害に対する治療の研究などが進むと予想されています。

 また、患者が病気と認定されれば、保険による治療などが行われるようになる可能性もあるようです。

 なお、現在でも精神科などで、ゲーム依存やネット依存の治療は行われているので、気になる人は一度診てもらった方がいいと思います。

 今回の病気としての正式認定については、その他、ゲーム会社にとっては、今後、ユーザーが「ゲーム障害」にならないようにするための措置を設けることが義務付けられるようになるなどの可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ゲームより病院に通いまくる病院依存症老人の保険料問題なんとかすべき。

  2. 匿名 より:

    Twitterとか見てると「うるせぇ!そんなの関係ねぇ!」って言う人が殆どで草だった

  3. 匿名 より:

    依存症とは何か違うの?
    依存症で良くないこれ?

  4. 匿名 より:

    ちょっと前まではゲーム障害wwだったけれど最近は重課金で破産する人も出て笑えなくなった
    ありゃ間違いなく病気だ

  5. 匿名 より:

    それより日本人の仕事依存症をどうにかした方がいい

  6. 匿名 より:

    韓国や中国でよく死亡ニュースを聞くけど日本じゃあまり聞かないよね。PCゲームの普及率の違いのせいかな?韓国のネットカフェはみんなオンラインゲームやってるって聞くし。

  7. 匿名 より:

    そういや一昔前はゲーム脳で騒がれていたな
    まあ脳への影響は事実無根だし、森昭雄やマスゴミが発したデマだから

  8. 匿名 より:

    またこんな曖昧な病名作って
    いったい誰が得して、誰が儲けようとしてるんだろな

  9. 匿名 より:

    重課金はガチャが原因ならどちらかというとギャンブル依存症に近いのでは?

  10. 匿名 より:

    現代での大体の原因は
    終わり無いスマートフォンのアプリゲームじゃないのかな?
    持ち運び可能なスイッチより、
    スマートフォンずっと見て歩いたりとかしてる人多いし。
    勿論、スイッチや据え置きで依存しすぎが絶対居ないってのは無いけど…。