イナズマイレブン アレスの天秤、外注選びに失敗したことが明かされる

イナズマイレブン アレスの天秤、外注選びに失敗したことが明かされる

 レベルファイブの「イナズマイレブン アレスの天秤」のゲームについて、日野晃博社長が少しコメントしています。

 これによると、今回は、外注選びに失敗したことが明かされています。

 

イナイレ アレスの天秤、外注選びに失敗

イナイレ アレスの天秤、外注選びに失敗

 「イナズマイレブン アレスの天秤」は、イナズマイレブンシリーズの新作として、ニンテンドースイッチとプレイステーション4で発売予定です。

 今作は、レベルファイブの社内で作られている作品ですが、今回は、アニメなどとの同時進行に合わせるため、発売まで時間がないということもあり、社内制作に加えて、外部のゲーム開発企業にも協力してもらって開発を進めていたことが明らかにされています。

 ただ、「イナズマイレブン アレスの天秤」は、わりと規模の大きなゲームであるものの、その外注先のゲーム開発会社は、イナイレ規模のゲームを開発できるスタッフの数が揃っていなかったそうです。

 また、レベルファイブが、この事実に気付くのが遅れた部分もあったとのことです。

 その結果、これではいいものが出来ないということで、社内制作に加えて、新たな外注先を探し、その企業とレベルファイブとの新プロジェクトとして、ゲーム制作の仕切り直しを行ったそうです。

 このため、「イナズマイレブン アレスの天秤」の発売は、現在、大幅に開発が遅れている状態になっています。

 

「イナズマイレブン アレスの天秤」は、イナズマイレブンシリーズの新作として、ニンテンドースイッチとプレイステーション4で発売予定

2019年の5月以降に再延期

 「イナズマイレブン アレスの天秤」は、元々は2018年の夏に発売される予定でした。

 しかし、その後、2019年秋に延期され、現在は「今冬」の発売に再延期されています。

 今回、前述のような、外注選びに失敗した事実の発表と共に、再び発売の延期が発表されました。

 3回目の延期後の発売予定日は、2019年の5月以降です。

 ただ、これも現時点では確定ではなく「可能性が高い」ぐらいの話だそうです。

 よって、最短で2019年5月ぐらいと思っておくといいかもしれず、実際には2019年の年末ぐらいになっている可能性もあります。

 

「イナズマイレブン アレスの天秤」は、元々は2018年の夏に発売される予定でした

オリオンの刻印を含む可能性も

 「イナズマイレブン アレスの天秤」は、再スタートした「イナズマイレブン」の第1シリーズの名称です。

 現在は、アニメが既に第2シリーズに入っており、「イナズマイレブン オリオンの刻印」というタイトルで展開されています。

 このため、「アレスの天秤」がとっくの昔に終わっている状態で、この名前のゲームが発売されるのはどうなんだというような声も出ています。

 今回、これについて、レベルファイブの日野社長が少しコメントしています。

「イナズマイレブン アレスの天秤」は、再スタートした「イナズマイレブン」の第1シリーズの名称です

 これによると、「イナズマイレブン アレスの天秤」のゲームは、「オリオンの刻印」の何らかの要素が追加される可能性が高いとのことです。

 また、ダウンロードコンテンツで「オリオンの刻印」の内容を配信することも考えているそうです。

 そして、こうなって来ると、このゲーム版「イナズマイレブン アレスの天秤」は、「アレスの天秤」というタイトルでよいのかという疑問も出て来ます。

 これについて、日野社長は、今作のタイトルについても今後検討するということを明らかにしています。

 

「イナズマイレブン アレスの天秤」のゲームは、「オリオンの刻印」の何らかの要素が追加される可能性が高いとのことです

ゲームの最新情報

 ニンテンドースイッチ&プレイステーション4「イナズマイレブン アレスの天秤」は、このように、「オリオンの刻印」の要素も検討し始めているので、これを入れようとして、さらに遅れる可能性も考えられるかもしれません。

 ただ、今回、既にある程度できている「アレスの天秤」の部分に関する最新情報も公開されています。

 それは、今回の記事中に掲載しているスクリーンショットや画像などの公開です。

このゲーム版「イナズマイレブン アレスの天秤」は、「アレスの天秤」というタイトルでよいのかという疑問も出て来ます

 掲載しているスクリーンショットは、「イナズマイレブン アレスの天秤」の冒頭部分にあたるもので、アニメで既に放送されたものです。

 ただ、今回のゲームでは、それとはまた少し違ったシーンが存在したり、違ったアングルなどでも展開されるそうです。

 画像の方は、今回のゲーム版に登場するキャラクターの一部であり、旧雷門中や、オーガ、大海原中、陽花戸中などが登場して来るとのことです。

 なお、「アレスの天秤」の外注選びに失敗したことも含め、今回の発表内容は、上の動画で確認することが可能です。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    うーんこの定期
    まぁシナリオの拡張を含めて収集育成対戦交換辺りの項目さえちゃんと機能させてくれる様に仕上げられそうなら許せるけど

  2. 匿名 より:

    自分もレベル5のこういう話が出る度にヤバイよヤバイよって言ってたんだけど、これに関しては企画が始まる前に下請けに「ウチで出来ます」って言われたらそれ以上どうしようもないのはあると思う。
    大体の規模とか実績まで見ても、人数とか誰がどこを担当するかまでは調べんて。

  3. 匿名 より:

    依頼先の会社の規模や能力って確認しないまま頼んだりするものなの?

  4. 匿名 より:

    うーんなんだかなぁと
    まぁ良かったニュースはアレスとオリオンのシナリオが一緒になった事ですかね
    タイトル変更するという事で子供が好きそうなブレイクとかクロスとかビクトリーとか良いんじゃないですかね
    2が付けやすそうなタイトルだと良いですね

  5. 匿名 より:

    複数のゲームを同時展開しながら、さらにそれぞれクロスメディア展開までしている。こんな状況なら確認ミスもいずれ起こると分かっていただろうに。しかもよりによって本業のゲームで。クロスメディア展開を強みにしているなら一本に絞って本当に良いものを創ってほしい。

  6. 匿名 より:

    まあ社員名簿見せろとか言えないし
    出来ますって言われてそのまま信じたんだろうなあ
    っていうか実態も分からない外注選ぶってのが怖いな
    聞いても知らないところだろうけど
    どこか気になるねw

  7. 匿名 より:

    れべる5「これ出来る?」
    したうけ「できます!やらせてください!」
    れべる5「あ、これも出来る?」
    したうけ「できます!やらせてください!」
    したうけ部下「(やべぇよ絶対間に合わねぇよ)」
    れべる5「あ、これも出来る?」
    したうけ「できます!やらせてください!」
    以下略
    Theじゃまにーず

  8. 匿名 より:

    いつ気がついたんだよwww
    週なり、月なりに制作推移のチェックしてなかったのか?
    完パケされて納品されるまで、ワクワクしながら待ってたのかなw