モンスターハンター4G、セーブデータ改ざんで逮捕者が出る。ポケモンも

モンスターハンター4G、セーブデータ改ざんで逮捕者が出る。ポケモンも

 ニンテンドー3DS「モンスターハンター4G」や「ポケモン サン ムーン」について、ニュースが出ています。

 これによると、セーブデータ改ざんで逮捕者が出ています。

 

モンハン&ポケモン、セーブデータ改ざん

モンハン&ポケモン、セーブデータ改ざん

 ゲームのセーブデータは、その内容を改造して最強状態にして遊ぶということが、かなり昔から行われています。

 最近のハードだと、強力な改造対策が入っていてなかなか簡単には行えないようになっていますが、改造難易度がアップすることで逆に「商機」も到来していました。

 それが、セーブデータの改造代行業などです。

 ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトでは、改造代行業によるセーブデータの改ざんや、改造したデータの販売などが普通に行われている状態になっていました。

 ただ、このようなセーブデータの改造代行は、これまでは「グレー」でしたが、少し前に法律が改正され、完全に違法になりました。

 このため、現在は、オークションサイトでそのような改造代行のようなものはあまり見かけないと思われます。

 

今回の逮捕容疑は、ニンテンドー3DS「モンスターハンター4G」や「ポケモン サン ムーン」のデータ改ざんについてであり、不正競争防止法違反の容疑

全国初の逮捕者

 ゲームのセーブデータの改造については、この法改正後も代行業を続けていたとして、今回、全国で初の逮捕者が出ています。

 今回の逮捕容疑は、ニンテンドー3DS「モンスターハンター4G」や「ポケモン サン ムーン」のデータ改ざんについてであり、不正競争防止法違反の容疑です。

 改造の具体的な内容は不明なものの、「キャラクターの能力を不正に高くする」ことなどが行われていたようです。

 ちなみに、法改正後も改造代行業を辞めなかった理由について、逮捕された新潟県三条市に住む会社員の男(39)は、10年以上にわたり、計約1500万円の売り上げがあったので、「収入になるためやめられなかった」と供述しているそうです。

 よって、今回の報道内容から、このような業者の利用者はそれなりに多く、また、セーブデータの改造は、「原価」もほぼゼロに近いと思われるので、かなり儲かっていたことも分かるようになっています。

 なお、ゲームのセーブデータの改造については、「自分で」改造することについては、法改正後の現在も違法ではありません。

 改正された法律で違法とされたのは、あくまでも「代行」であり、改造を助けたり、改造を助けるためのツールの販売などが違法になっているだけです。

コメント

  1. 匿名 より:

    オークションサイト見たら今でも改造データ売ってる人いるけど
    通報したらたいーほされるのかな?

  2. 匿名 より:

    モンスターハンターならフロンティアでも以前に逮捕者出てましたよね?

  3. RyuDora より:

    チートやらなんやらやってる奴らはゲームをする権利無いだろ
    買ってやってる人もゲームすんな‼️

  4. 匿名 より:

    時間の無い人で物語だけを楽しみたい人には、いきなり最強はつかえると思うけど。商用は製作者に対して失礼では。

  5. 匿名 より:

    ベースを弄るだけなのに
    なにが問題なの 金が絡むから
    ダメなのですか

  6. ナトリウム より:

    逮捕までは流石に大袈裟やないか?