ニンテンドースイッチ、クラウドセーブ対応へ。一部のソフト除く

ニンテンドースイッチ、クラウドセーブ対応へ。一部のソフト除く

 ニンテンドースイッチが、クラウドセーブに対応することが発表されました。

 この機能は、スイッチのオンライン有料化で実現されます。

 

ニンテンドースイッチが、クラウドセーブに対応することが発表されました

ニンテンドースイッチにクラウドセーブ

 ニンテンドースイッチは、現在、セーブデータをバックアップする方法がありません。

 本体を買い替えた場合に、「引っ越し」をすることは可能ですが、本体が壊れているときなどは、セーブデータを引越しすることも出来なくなっています。

 このため、以前からセーブデータのバックアップ方法が求められていましたが、今回、クラウドセーブに対応することが発表されました。

 ニンテンドースイッチのクラウドセーブは、スイッチのオンライン有料化の特典として用意されています。

 スイッチでは、2018年9月から、オンラインプレイをする場合、有料のサービスプランに加入する必要があります。

 今回、この有料サービスの特典の1つに、「セーブデータお預かり」というものが存在すると発表されています。

 ちなみに、クラウドセーブは、全てのソフトが対応するわけではなく、一部のソフトは除くとあります。

 現時点では、クラウドセーブのやり方や、対応ソフトなどは発表されていませんが、もしかしたら、セーブデータをバックアップされると不正につながるようなソフトには対応していないかもしれません。

 

ニンテンドースイッチにクラウドセーブ

有料オンラインサービスの特典

 ニンテンドースイッチのオンライン有料化は、オンライン対戦などがプレイ出来るということ以外に、いくつかの特典が用意されています。

 この特典は、前述のクラウドセーブの追加以外は、基本的には、以前に発表されていた内容と同じです。

 ただ、今回、有料サービス加入中にプレイ可能なゲームについて、追加の情報が発表されています。

ニンテンドースイッチのクラウドセーブは、スイッチのオンライン有料化の特典として用意されています

 ニンテンドースイッチのオンラインサービス加入中は、いくつかのファミコンソフトが遊べるようになっています。

 このファミコンソフトは、「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」というソフトで提供されます。

ちなみに、クラウドセーブは、全てのソフトが対応するわけではなく、一部のソフトは除くとあります

 オンライン有料化のサービス開始時は、上のようなファミコンソフトが遊べるようになっています。

 また、ソフトは、今後も追加されていくとのことです。

 ちなみに、この「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」で提供されるファミコンソフトは、こちらも詳細は後日発表されると思われますが、オリジナル版と異なり、オンライン対戦や協力プレイが出来るようになっています。

 

クラウドセーブのやり方や、対応ソフトなどは発表されていませんが、もしかしたら、セーブデータをバックアップされると不正につながるようなソフト

ファミリー向け料金プラン

 ニンテンドースイッチの有料オンラインサービスについては、料金プランも発表されています。

 こちらも、基本的には以前に発表されていた内容と同じです。

 ただ、今回、ファミリー向けの料金プランというものが新たに発表されています。

 ニンテンドースイッチの有料オンラインサービスは、アカウントごとに支払うのが基本です。

 ただ、1台または複数のスイッチを家族で使う場合は、「ファミリープラン」というものに加入すれば、1年で4500円の支払いで、最大8アカウントまで有料オンラインサービスを利用できます。

 ちなみに、個人アカウントの場合の料金プランは、1年で2400円なので、1人で複数のアカウントを使い分けるというような人も、このファミリープランに入った方がお得かもしれません。

 なお、1人で複数のニンテンドースイッチ本体を、同じアカウントで使用する場合、ファミリーや複数の個人プランに入る必要はなく、1つの個人プランで対応可能です。

 ただ、複数のニンテンドースイッチ本体で、同時にオンラインプレイなどは出来ないはずです。

 ニンテンドースイッチ有料オンラインサービス

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    VCとは違いますよね。
    このタイミングでVC発表されると思ったのに。

  2. 匿名 より:

    ポケモンとかクラウド対応しないんでしょうねきっと
    しょうがないですけど。VCのポケモンですらバックアップさせない徹底ぶりですからね
    肝心のポケモンがクラウド対応されなさそうなのは残念ですね

  3. 匿名 より:

    >オンライン有料化のサービス開始時は、上のようなファミコンソフトが遊べるようになっています。
    >また、ソフトは、今後も追加されていくとのことです。

    ここに驚きを隠せない
    フリプみたいな期間限定配信や当初言われてた1ヶ月だけプレイ可能じゃなく、期間なしの追加タイプになるとは
    これってPCゲームだといくつかあるけど、コンシューマ機だとEA Accessくらいだよね

  4. 匿名 より:

    VCの弱点はwiiからwiiuのときは1から買い直し。毎回ハードが変わるたびにそうなる。
    なのでVCはやめて今回みたいな形にしたのかもしれないですね。

  5. 匿名 より:

    出来たら1つ契約したらその本体なら別のアカウントでもいけるようにして欲しかったな。元々1アカウント分が安いっていうのは分かるんだけど

  6. 匿名 より:

    コメントにあるように最初は一ヶ月だけプレイ可能でその後有料で販売すると言ってましたね。
    それが変わったと言うことはVCはスイッチではやめたということですかね。
    でも遊びほうだいの方がかえっていいですね

  7. 匿名 より:

    VCの買いなおし問題をクラウド化で対応は良い判断だと思うわ。
    後はラインナップだな…

  8. 匿名 より:

    さすがにポケモンバンクみたいなのは
    でるべ!

  9. 匿名 より:

    まあ値段相応でPSPlusみたいにオンプレイしない人も加入したくなるサービスというよりは本当にオンプレイしたい人向けって感じ
    キッズ向けの無料の時間帯は用意したほうがいいとは思ったけどないか

  10. 匿名 より:

    オンで金取られるのにポケモンバンクで別途徴収とか個人的に嫌なのだが…

  11. 匿名 より:

    ポケモンバンク年500円やぞ
    月41円くらい
    スイッチオンライン(1年)と合わせても月241円

  12. 匿名 より:

    そのうちスーファミ以降のソフトも追加されるのかな?
    しかしファミリープランの値段思い切ったね

  13. 匿名 より:

    結構な安さではあるけど、やっぱりソフトラインナップがどうなるかが大きいかも。
    外付けHDDに対応してくれないのは、今回のクラウド対応があったからなのかな…。
    個人的には欲しいところなんだけどな。

  14. 匿名 より:

    バックアップがスプラトゥーン2に対応してさえいれば、
    後はどうでもいい。
    スプラのデータ吹っ飛んだら立ち直れない。

  15. 匿名 より:

    クラウド対応とHDDは関係ないでしょう。
    クラウドがあってもHDDが使えた方が便利