ニンテンドースイッチ、複数の本体でDLゲームをプレイ可能。同時は無理

ニンテンドースイッチ、複数の本体でDLゲームをプレイ可能。同時は無理

 ニンテンドースイッチ本体のアップデートが実施されています。

 今回は、オンライン有料化に伴う更新ですが、それ以外の要素も少し導入されています。

 

バージョン6.0.0では、複数の本体でDLゲームをプレイ可能であることが案内されています

ニンテンドースイッチ、バージョン6.0.0に

 ニンテンドースイッチは、本日からバージョン6.0.0に更新されています。

 バージョン6.0.0は、先日から予告されていたオンラインプレイの有料化に対応する内容です。

 これ以外の内容としては、まず、ユーザーのプロフィールアイコンとして、「進め!キノピオ隊長」のデザインが選べるようになっています。

 また、「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限されるように変更されています。

 さらに、「設定」でUSBキーボードのキー配列が指定できるようになっています。

 その他、動画は引き続き1つだけですが、「アルバム」に保存されている画面写真をSNSに最大4枚まで同時に投稿できるという改善も導入されています。

 そして、バージョン6.0.0では、複数の本体でDLゲームをプレイ可能であることが案内されています。

 

ニンテンドースイッチは、1つの本体を1人の「ユーザー」が使用するというのが基本です

複数の本体でDLゲームをプレイ可能に

 ニンテンドースイッチは、1つの本体を1人の「ユーザー」が使用するというのが基本です。

 ただ、スイッチ本体を複数台持っているという人もいると思われます。

 スイッチ本体が複数ある場合、パッケージソフトならば、そのままソフトを入れ替えるだけで、複数の本体でプレイ可能です。

 しかし、ダウンロードソフトの場合は、物理的な移動が出来ないので、複数の本体で使う場合は、その仕様を把握しておく必要があります。

ニンテンドースイッチのバージョン6.0.0以降は、同じ「ユーザー」ならば、別の本体でもダウンロードソフトをプレイ可能

 ニンテンドースイッチのバージョン6.0.0以降は、同じ「ユーザー」ならば、別の本体でもダウンロードソフトをプレイ可能です。

 ただし、メインとなる「いつもあそぶ本体」の設定が行われている本体以外は、インターネットに接続している間だけ遊べる状態になります。

 また、同時に複数の本体で同じソフトをプレイすることはできません。

兄弟などでニンテンドースイッチを使う場合、一番簡単で管理しやすいのは、ニンテンドー3DSのときのように、1人1台の本体+1人1本のソフトを購入

 この仕様は、ソフトを購入していない「ユーザー」まで同じソフトを自由に遊べないようにするためのものなので、それが出来るような状態にはなっていないということで覚えておくといいでしょう。

 もし、兄弟や家族などで、1つしか購入していないソフトを、複数人でプレイしたい場合は、「いつもあそぶ本体」で別のユーザーを作成しておけば可能なので、その方法を行います。

 この場合も、もちろん同時プレイは無理になっているので、同じ本体の「ユーザー」の誰か1人が遊べるだけです。

 ちなみに、このあたりの仕様は少し複雑なので、「いつもあそぶ本体」の設定なども含めて、こちらの公式サイトの説明を読んでおいてください。

 なお、兄弟などでニンテンドースイッチを使う場合、一番簡単で管理しやすいのは、ニンテンドー3DSのときのように、1人1台の本体+1人1本のソフトを購入するというものです。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これ気になってた
    今使ってるスイッチを気にせず持ち運んでボロボロに使える外出用にして、ポケモンかスマブラ仕様をドック差しっぱにしたいと思ってた
    PS4はクラウドに上げて友人のPS4や別室のPS4でセーブデータそのまますぐに始められたけどスイッチも気軽に出来るかな?

  2. 匿名 より:

    なるほどねー最初は意味不明な機能だったがDLソフトを家族みんなでか
    DL版買わないからこういう発想が全くなかった