ニンテンドースイッチ ライト、内部の画像が明らかに。ファン付き

ニンテンドースイッチ ライト、内部の画像が明らかに。ファン付き

 「ニンテンドースイッチ ライト」の情報を1つご紹介しておきます。

 今回は、内部の画像が明らかになっています。

 

ニンテンドースイッチ ライトの内部

ニンテンドースイッチ ライトの内部

 ニンテンドースイッチは、新型として「Lite」というものが発売される予定です。

 ライトは、携帯モード専用のニンテンドースイッチです。

 今回、このハードの内部の画像が明らかになっています。

ニンテンドースイッチは、新型として「Lite」というものが発売される予定です

 その画像は、上のようなものになっており、普通のニンテンドースイッチと大体同じです。

 大きく異なるのは、コントローラーが左右に分離できない形で付属するようになったので、その部分のパーツが増えているという部分です。

 ちなみに、今回の画像から、ライトのコントローラーもジョイコンのように壊れやすいかどうか判断するのは無理です。

 ただ、以前にもご紹介したように、ライトのコントローラーは、分離も出来ず、HD振動などもなくなっており、もはや「ジョイコン」ですらないので、普通に考えればちゃんとしたものが搭載されているはずです。

 

ニンテンドースイッチ ライトは、普通のニンテンドースイッチと同じく、ファン(冷却装置)付きで提供されることも内部画像

ファン付きに

 ニンテンドースイッチ ライトは、普通のニンテンドースイッチと同じく、ファン(冷却装置)付きで提供されることも内部画像から判明しています。

 スイッチは、ニンテンドー3DSなどと比べると、本体の表面温度がわりと高くなりますが、今回もファンが必要になるほど発熱量は多いのだと思われます。

 また、ライトのバッテリーは、普通のスイッチよりもサイズが小さく、容量も少なくなっています。

スイッチは、ニンテンドー3DSなどと比べると、本体の表面温度がわりと高くなりますが、今回もファンが必要になるほど発熱量は多いのだと思われます

 一方、ライトのバッテリー持続時間は、公式発表では、約3.0時間から約7.0時間と、「旧型の普通のスイッチ」よりも少しだけ長くなっているので、小容量で長時間バッテリーが持つということは、こちらも「新型の普通のスイッチ」と同じく、省電力化された結果だと思われます。

ライトのバッテリー持続時間は、公式発表では、「旧型の普通のスイッチ」よりも少しだけ長くなっているので、小さい小容量で長時間バッテリーが持つ

 ちなみに、省電力化の元の心臓部分となるSoCは、このような状態になっていますが、NVIDIAのTegraの刻印が見える画像は公開されていません。

  imgur.com

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    新型バージョンのほうは海外youtuberが解体してチップの表記も思いっきり動画にしとるで。

  2. 匿名 より:

    とりあえず発売されてから分解解説されるまで
    待つか

  3. ゆうま より:

    旧スイッチにはないのかな?