ニンテンドースイッチ、プレイ記録の表示がおかしい問題は修正予定

ニンテンドースイッチ、プレイ記録の表示がおかしい問題は修正予定

 ニンテンドースイッチで、新たなバグが発生しています。

 今回のバグは、プレイ記録の表示がおかしいというものです。

 

ニンテンドースイッチ、プレイ記録の表示がおかしい

ニンテンドースイッチ、プレイ記録の表示がおかしい

 ニンテンドースイッチは、2017年3月3日に発売されているので、1周年を迎えたということになっています。

 スイッチは、予約の段階で入手困難になっていたため、ロンチ時に買えた人はそこまで多くありませんでしたが、それでも、全世界で150万人ぐらいが入手しています。

 そして、1周年を迎えたと同時に、ニンテンドースイッチの本体+ソフトを起動してから1年経つと発生するバグというものが発見されています。

 今回のバグは、ニンテンドースイッチのプレイ記録の表示がおかしいというものです。

 ニンテンドースイッチでは、本体メニューの左上のプロフィールを選択するなどすると、自分が遊んだゲームの履歴を見ることが出来ます。

 この履歴には、「プレイ記録」として、これまで各ゲームソフトを何時間遊んだのかという表示が出るようになっています。

 ただ、現在、ニンテンドースイッチ+ソフトの起動から1年が経過すると、この表示がおかしくなる問題が発生しています。

 今回のバグは、上のようにツイッターでもいくつか報告されていて、通常、「○時間以上プレイ」と表示されているものが、なぜか、「0日前にはじめてプレイ」と表示されてしまうものです。

 これにより、プレイ履歴がリセットされたような感じになっています。

 ただ、任天堂のサポートによれば、これは表示上の問題だけであり、実際には、プレイ時間の記録はリセットされていないとのことです。

 また、このバグは、今後行われる、ニンテンドースイッチ本体のアップデートで修正される予定であることも明らかにされています。

 よって、ニンテンドースイッチのプレイ記録の表示がおかしい問題は、現在、自分で修正する方法はありませんが、今後のシステムソフトウェアの更新で直る予定ということになっています。

 なお、スイッチの各ゲームソフトのプレイ時間は、初プレイから10日以上経過していないと表示されないので、買いたてのソフトについて、正しいプレイ時間が出ないのは仕様です。

スポンサーリンク

シェアする