ニンテンドースイッチ、新型が発売される可能性が高まった理由。任天堂ソースと…

ニンテンドースイッチ、新型が発売される可能性が高まった理由。任天堂ソースと…

 ニンテンドースイッチの新型が発売される可能性が高まった理由をご紹介しておきます。

 今回は、任天堂ソースとの関係で、そのように考えられます。

 

ニンテンドースイッチ、新型の噂

ニンテンドースイッチ、新型の噂

 ニンテンドースイッチは、日経の情報をソースにして、2019年に新型が出るのではないかと噂されています。

 この新型は、「価格を抑えた」もの、「小型化した」ものだと言われています。

 つまり、簡単に言えば、携帯モードに特化したニンテンドースイッチが登場すると考えられています。

 現時点では、このハードに関する詳しい情報は出ていませんが、誰でも考えられるところで言えば、液晶サイズが小さくなり、もっとコンパクトになる可能性が高いと思われます。

 また、携帯特化ならば、価格を抑えるために、ジョイコンの取り外しなども不要かもしれないので、そのあたりの仕様を削って、安価に生産する可能性もあります。

 

ニンテンドースイッチは、日経の情報をソースにして、2019年に新型が出るのではないかと噂されています

新型が発売される可能性が高まった理由

 ニンテンドースイッチの新型は、このように、日経が報じていることで、ある程度以上の信憑性があると考えられています。

 ただ、他紙を引っ掛けるための意図的な部分もあるのかもしれませんが、日経の任天堂の情報は、100%の的中率ではないので、間違っている可能性もあります。

 今回、この日経のニンテンドースイッチ新型の情報の信憑性がさらに高まっているという情報をご紹介しておきます。

 それは、少し前の決算説明会で、任天堂がオンラインサービスの充実を今後検討し、準備が整い次第発表すると明らかにしているというものです。

新型が発売される可能性が高まった理由

 日経のニンテンドースイッチの新型情報の記事では、ハードそのものについての記述の他に、任天堂のスイッチ向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」に関係すると思われる内容も記載されていました。

 その内容は、「ゲーム愛好家の高額課金者向けの新サービス」とされています。

 そして、このような情報は、予想ではいくつもあったと思われますが、日経が報じるまで具体的に何か情報が出たことはありません。

 しかし、その後の任天堂の決算説明会で、この内容と同じような話が出て来たので、日経が報じていた「Nintendo Switch Online」に関する新サービス部分の情報はガチだったと言ってもいい感じになっています。

 よって、日経の情報は、後に任天堂ソースと一致している部分が出て来ているので、同じ記事内のニンテンドースイッチ新型の情報の信憑性も高まっているということになります。

 

ニンテンドースイッチの新型は、このように、日経が報じていることで、ある程度以上の信憑性があると考えられています

年単位でサービスの魅力を高める企画

 「Nintendo Switch Online」に関する新サービスについて、日経は、前述の通り、「ゲーム愛好家の高額課金者向けの新サービス」と紹介しています。

 この日経の表現が正しいものになっているのかどうかは今のところ不明ですが、任天堂はその内容を、「年単位でサービスの魅力を高める企画」と説明しています。

 「年単位でサービスの魅力を高める」ものが企画されているのは、企業側からすると、「Nintendo Switch Online」は、ゲームソフトのように1回購入されればそれで目的を達する商品ではなく、継続加入してもらって利益を出していくサービスなので、課金状態になっているユーザー数の維持が大事だからです。

日経の情報は、後に任天堂ソースと一致している部分が出て来ているので、同じ記事内のニンテンドースイッチ新型の情報の信憑性も高まっている

 「Nintendo Switch Online」は、サービス開始当初は、半数以上が12か月プランに加入するなど、「年単位」で利用する人が多くなっていました。

 しかし、ゲーマー層の一斉加入が終わった後は、やはり、1か月プランなどの短いプランの加入比率が上がって来ているそうです。

 このため、前述の「年単位でサービスの魅力を高める企画」が計画され、課金状態になっているユーザー数を増やしたり、維持していく取り組みが今後行われる可能性が高いということになっています。

 なお、任天堂は、スイッチのオンラインサービスに関連して、その他に、サービス加入者に向け「色々な新しい提案を準備している」ということもコメントしています。

 よって、検討されているサービスは1つではないような感じなので、日経が報じている「ゲーム愛好家の高額課金者向けの新サービス」は、いくつかあるうちの1つという可能性もあります。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    可能性があるかどうか分からないがハイエンド路線の可能性は無きにしも非ずなんじゃないか?日経の記事を鵜呑みにする訳じゃないがPSNと比べると料金の半分というのは魅力的だが肝心のオンラインサービスがあまり宜しくないと不満が出てるからな、高額課金者に向けたサービスという事でPSNと似たような物を出すんなら本体内蔵ストレージの拡張は必須だろうし性能も上がればできることも増えてXbox Oneのようにマルチの仲間入りもしやすいんじゃないか?

  2. 匿名 より:

    新型はともかく、10月の増税で日本全体が落ち込むから何かしらの対策はあるとは思うが

  3. 匿名 より:

    年単位ではサービスに不可付けるっていうけど
    (結果的に)同額かそれ以上で日/月単位で払ってる奴が対象外になる場合があるから12カ月でサービス付与ってのは得策ではないと思うけどな
    オンラインゲームとかで毎日INして連続IN回数でボーナス付くようなの結構あるけど、1日逃すと「もういいや」ってなって辞めるケースに繋がるしね
    オンライン加入による特殊ポイント付与でそのポイントに応じてってなら分らんでもないけど…
    ニンテンドーオンラインが想定以上に好評ってなら現行サービスのオンラインを値下げしてオンラインProとか更に付加価値付けた高額オンラインサービスの商品をラインナップした方が得策だと思うけどな

  4. 匿名 より:

    3年目の夏から年末にかけて新型出して勢いつけないと
    小型化で値段下げて携帯型なら一家に2台3台もいける

  5. 匿名 より:

    高性能な小型ゲーム機だからもし今以上に小さいのが出るとしたら小さくなる分ちょっと分厚くなるとかありそうだよね

  6. 匿名 より:

    3DSの置き換え用として小学生をターゲットにした安価な携帯専用モデルはありだと思う。
    2DSがあったようにスイッチしない携帯専用スイッチがあっても不思議ではない。

  7. 匿名 より:

    小型新型&モンハンでまた売り切れ続出

    という夢を見た

  8. 匿名 より:

    ジョイコンを一体型にしてしまうと、switchのアピールポイントとして宣伝されてきた
    「いつでもどこでも誰とでも」

    破綻してしまいませんか?
    そこまでリスキーなことをするなら、switchじゃなく3DSの後継機にしたほうが…

  9. 匿名 より:

    3DSの3D機能と違ってジョイコンは一体化すると明確に遊べないタイトル出てくるからどうするんだろうね
    インディー系を取り込んで取り外しジョイコンしか対応してないソフトもたくさんあるのに

  10. 匿名 より:

    だから仮に小型版推知が発売されるとしたら、単に3DSの後継機がSwitchと統合するってだけの話だろ?
    携帯機も据え置き機も同じソフトが遊べるとか夢にまで見たハードだと思うけどな
    まぁ今までの携帯機は前世代ハードの互換を有していたから初の互換切り携帯ハードって事になるけど

  11. 美少女 より:

    スイッチしないスイッチ
    命名アンスイッチ!
    すれちがい機能に期待