ニンテンドースイッチ、バージョン8にアップデート。ソフト並べ替えなど

ニンテンドースイッチ、バージョン8にアップデート。ソフト並べ替えなど

 ニンテンドースイッチのアップデートが導入されています。

 今回は、本体バージョンを8.0.0に更新するものです。

 

ニンテンドースイッチ、バージョン8に

ニンテンドースイッチ、バージョン8に

 ニンテンドースイッチは、本体のシステムソフトウェアが定期的にアップデートされています。

 今回、また新たなシステムソフトウェアの配信が開始されています。

 配信されたのは、Ver.8.0.0です。

 バージョン8では、以下の内容が導入されています。

 

HOMEメニューの「すべてのソフト」のなかで、ソフトをタイトル順などで並べ替えられるようにしました

Ver.8.0.0

●HOMEメニューの「すべてのソフト」のなかで、ソフトをタイトル順などで並べ替えられるようにしました。
 「すべてのソフト」はHOMEメニュー上にソフトが13個以上ある場合に表示されます。

●過去に配信されたものも含めて、配信中のすべてのゲームニュースを見ることができるようにしました。
 「ゲームニュース」→「Y チャンネル別に見る」→「もっと見る」で見ることができます。
 すでに配信が終了しているゲームニュースは除きます。

●ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。
 『スプラトゥーン2』より9種類、『ヨッシークラフトワールド』より6種類を追加しました。

●「データ管理」で「セーブデータの引っ越し」をできるようにしました。
 2台目の本体へゲームソフトごとにセーブデータを引っ越しして、続きから遊べるようになりました。
 引っ越しを行うと、元の本体からはセーブデータがなくなります。

●画面の表示を拡大できるようにしました。
 「設定」→「本体」から設定できます。
 この設定をONにすると、HOMEボタンを2回連続で押すことで画面の表示が拡大されます。

●「スリープ」の設定に「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」の項目を追加しました。
 この設定をOFFにすると、Nintendo Switchドックから本体を取り出したときにスリープが解除されません。

●本体の「みまもり設定」でVRモード(3D映像)の視聴を制限できるようにしました。
 スマートフォン向けアプリ「Nintendo みまもり Switch」への対応は後日予定しています。

●以下の機能名を変更しました。(機能に変更はありません)
 「セーブデータのオンラインバックアップ」 → 「セーブデータお預かり」
 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」 → 「ユーザーの引っ越し」

 

ニンテンドースイッチのバージョン8では、その他、「いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました」

 ニンテンドースイッチのバージョン8では、その他、「いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました」という、いつもの内容も入っています。

 よって、案内されていない、細かな変更やバグ修正も導入されているようです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    このセーブデータの引っ越しは噂の新型への前振りなのかな?

  2. 匿名 より:

    3DSの様に完全に自分の任意で変えられる程の自由さはないけどメーカー別順は嬉しい

    あとひっそり追加されたズーム機能が化ける予感がする。スクショだったら携帯モードの画面スワイプでシュッと拡大出来るし、HOMEボタンを使ったズームはプレイ中でもゲームを止めずにできるからスマブラのリプレイを見返している時とか、ムービーを見る際にズームして見れるのは凄いと思う

  3. yuma より:

    フォルダー機能がなしかぁ。。

  4. 匿名 より:

    引越しあたりの更新ががが、これは新型フラグでっか?

  5. 匿名 より:

    地域設定に「香港/台湾/韓国」が追加されました。

  6. 匿名より より:

    早く新型switchの公式発表来てほしいです。
    よろしくお願い致します。