スマブラ スペシャル、英語を話せるようになったマルスが登場

スマブラ スペシャル、英語を話せるようになったマルスが登場

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」について、1つ情報が出されています。

 今回は、参戦キャラクター「マルス」の紹介が行われています。

 

スマブラ スペシャル、マルス参戦

スマブラ スペシャル、マルス参戦

 「マルス」は、「ファイアーエムブレム」シリーズからの参戦キャラです。

 マルスがファイアーエムブレムシリーズに初登場したのは、1990年にファミコン向けとして発売された「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」です。

 スマブラにおけるマルスは、1作目以外は全て登場しており、このように、スマブラで目にする機会も多いので、ファイアーエムブレムシリーズの代表的なキャラにもなっています。

マルスがファイアーエムブレムシリーズに初登場したのは、1990年にファミコン向けとして発売された「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」

 今回の「スマブラ スペシャル」では、まず、剣を使うのでリーチが長いとされています。

 そして、剣先での攻撃は威力がアップし、相手との間合いをうまく取れるかが重要になるファイターであると案内されています。

スマブラにおけるマルスは、1作目以外は全て登場しており、このように、スマブラで目にする機会も多いので、ファイアーエムブレムシリーズの代表的なキャラ

 ちなみに、E3 2018のときの紹介では、「マーベラスコンビネーション」がかなりスピーディーになり、繋がりやすくなったことも明らかにされています。

 また、この「マーベラスコンビネーション」の変更は、ロイやルキナでも同じように変更されています。

 

E3 2018のときの紹介では、「マーベラスコンビネーション」がかなりスピーディーになり、繋がりやすくなったことも明らかに

英語を話せるようになったマルス

 ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」のマルスについては、もう1つ、前作とは異なる部分があると、E3 2018のときに明らかにされています。

 それは、新たな声を収録したというものです。

英語を話せるようになったマルス

 スマブラにおけるマルスは、緑川光さんが声を担当しています。

 この声は、同じものが再利用されるパターンになっていましたが、今回、「久しぶりに新たな声を収録」したと発表されています。

 新たな声は、引き続き緑川光さんが担当していますが、英語バージョンでは、これが大きく変わっています。

ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」のマルスについては、もう1つ、前作とは異なる部分があると、E3 2018のときに

 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズのマルスは、これまで、英語版であっても、緑川光さんの日本語ボイスで喋るキャラクターになっていました。

 今回、これが完全にローカライズされ、英語版では、英語ボイスで喋るようになります。

 よって、ツイッターでは、マルスはやっと英語を話せるようになったとも言われていたりします。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    FEヒーローズで英語ボイスが付いた影響だろうね
    ロイも英語圏版だと英語喋るようになっているのかな?

  2. 匿名 より:

    FE世界の言葉って何語なんだろう

  3. 匿名 より:

    どこかで「マルスのおかげで日本語に興味を持った」と
    聞いたことあるけど、海外の反応は果たしてどうなのかな?
    そりゃその国の言葉がいいだろうけど、
    ずっと日本語だったらしいし…

  4. 匿名 より:

    海外では英語声優への変更を残念がる人もいるかもしれませんね

    日本に「洋画は字幕版じゃないと」という人がいるのと同じように
    海外にも「日本のゲームやアニメはオリジナルの日本人声優じゃないと」
    という人がいるようですから

    世界中で子供から大人まで広く遊ぶゲームなので
    英語ボイス収録は妥当だと思いますが、できれば
    前作の日本版でのベヨネッタのように日英選択できると
    一部のファンには喜ばれるでしょうね