ソニックの実写映画、素早く修正できた理由が明らかに? 費用も安いらしい

ソニックの実写映画、素早く修正できた理由が明らかに? 費用も安いらしい

 セガの「ソニック」の実写映画について、海外で1つ情報が出ています。

 今回は、素早く修正できた理由などが報じられています。

 

ソニックの実写映画、修正できた理由?

ソニックの実写映画、修正できた理由?

 ソニックの実写映画は、初公開されたときのソニックのCGデザインが気持ち悪いとして海外で炎上していました。

 その後、修正することが発表され、少し前に、その修正版のデザインが発表されています。

 コレジャナイとして炎上する案件は、スマホで誰でもインターネットが出来るようになってから増える一方ですが、大体の作品は、炎上してもそのままの状態で発売されたり、公開されたりします。

 今回、ソニックの実写映画は、なぜ修正できたのかが分かるかもしれない情報が海外で出ています。

ソニックの実写映画は、なぜ修正できたのかが分かるかもしれない情報が海外で出ています

 これによると、ソニックの実写映画は、炎上した予告公開の時点では、全てのVFX作業が終了していなかったとされています。

 VFX作業は、映像の合成処理などの加工のことですが、今回の映画は、予告で公開されていた部分は完成していたものの、それ以外の部分はまだその作業がほとんど終わっていなかったので、素早く修正作業を行うことが出来たとのことです。

 

ソニックの実写映画は、炎上した予告公開の時点では、全てのVFX作業が終了していなかったとされています

費用も安いらしい

 セガの「ソニック」の実写映画については、その修正作業に掛かった費用も安かったと報じられています。

 これによると、今回の修正作業は、500万ドル(5.4億円)未満だったとされています。

 5.4億円は、絶対的な金額で言えば相当な費用ですが、宣伝費に何億円も掛ける映画ビジネスにおいては安いと言われています。

 むしろ、炎上しなければソニックの実写映画はこれだけ話題にはならなかったことから、全世界で数多くのメディアに取り上げられたことを考えると、5.4億円の追加費用は激安とも言えるものです。

セガの「ソニック」の実写映画については、その修正作業に掛かった費用も安かったと報じられています

 これを炎上商法で行っていたら相当な策士ですが、様々な発掘されている資料から考えると、前のデザインを本気で良いものだと考えていた痕跡があります。

 なお、ソニックの実写映画は、以前からネットでリーク情報が多いので怪しいと考える人もいると思われますが、映画は、ゲームと異なり密室で作るものではないので、今作に限らず、他の作品でも事前に情報はかなり漏れやすくなっています。

 実際、名探偵ピカチュウの実写映画などでも、公開のかなり前の段階で、数多くの情報がネットにリークされていました。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    その代わり質感とかはちょっと落ちちゃったよね

  2. 匿名 より:

    にわか知識だけどモデル入れ替えて細かいとこ修正するだけちゃうのん?

  3. 匿名 より:

    修正費用だけで邦画が何本も撮れるな…

  4. 匿名 より:

    >細かいとこ修正
    これがめんどくさいから人件費が莫大に掛かる
    あとポスターとか作り直す費用も入ってるのかな…

  5. ドラクエXプレイ中 より:

    某名探偵みたいにソニックの他キャラのテイルスだとかナッコーがいたら多分金がもっと莫大にかかったんだろうな。ロボやメカは動きがない分大雑把なメッシュでグラフィックの修正だけとかでどうにでもなりそうだけど、ソニックみたいな生物キャラは表情とか皮膚の質感や毛の細かさ等メッシュの細かい部分がキチィからなぁ…。
    ほぼメカが敵のゲームで良かったな(笑)。
    (メカからアニマル出てこんかったら許さんけど)

  6. 匿名 より:

    細かいとこ修正どころか所々モーションまで大幅に変更されてるよね

  7. 匿名 より:

    正直言うと修正前のが好きです(小声
    修正後を見る前は糞デザイン! とか思っていたけどあっちの方が実写との親和性が高かった気がする。

  8. 匿名 より:

    セガが最初からきちんと監修しないと
    もっとキャラクターを大切に

  9. 匿名 より:

    セガは最初はろくに監修もさせて貰えなかったんだよ

  10. 匿名 より:

    修正したけど他はお安くなりました、じゃどうしようもないからな
    修正後の質感は意図したものでは?