スプラトゥーン2、つぶあんvsこしあんの結果が発表。トランポリンが話題に

スプラトゥーン2、つぶあんvsこしあんの結果が発表。トランポリンが話題に

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のフェスの結果が発表されました。

 今回は、つぶあん vs こしあんの対決です。

 

スプラトゥーン2、つぶあんvsこしあん結果

スプラトゥーン2、つぶあんvsこしあん結果

 「スプラトゥーン2」の新たなフェスとして、「つぶあん vs こしあん」の対決が実施されています。

 今回のお題は、食べるならどちらの餡が好みかというものです。

 お題の画像にあるように、今回のテーマは、おしるこやぜんざいを想像するので、冬のお題のイメージもありますが、月見団子でおなじみの「中秋の名月」にあわせて実施したフェスになっています。

お題の画像にあるように、今回のテーマは、おしるこやぜんざいを想像するので、冬のお題のイメージもありますが、月見団子でおなじみの「中秋の名月」

 「つぶあん vs こしあん」対決の結果は、まず、得票率は、41.59% vs 58.41%でこしあんの勝利です。

貢献度は、49.73% vs 50.27%、49.84% vs 50.16%でこしあんの勝利です

 貢献度は、49.73% vs 50.27%、49.84% vs 50.16%でこしあんの勝利です。

ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」の今回のフェスは、新仕様になって初めて実施されたフェス

 よって、最終結果は、0-3でこしあん派の勝利です。

 

こちらも貢献度は、ざっくり言えば 「49-51」や「51-49」に近い数値になっているので、49-51問題は新仕様でも続くかもしれません

新仕様でも49-51は続く?

 ニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」の今回のフェスは、新仕様になって初めて実施されたフェスです。

 今回から、「勝率」での判定がなくなり、「貢献度」で判定されるようになっています。

 このため、勝率でずっと続いていた、いわゆる「49-51」や「51-49」の問題がどこまで変わるのかも注目となっていました。

 結果は、新仕様でもざっくり言えば、「49-51」や「51-49」に近い数値になっており、あまり変わっていない感じです。

「スプラトゥーン2」のつぶあんvsこしあんフェスは、トランポリンが話題になっていました

 ちなみに、アメリカでも、ほぼ同時に「レトロ vs モダン」のお題でフェスが実施されています。

 こちらも貢献度は、ざっくり言えば 「49-51」や「51-49」に近い数値になっているので、49-51問題は新仕様でも続くかもしれません。

 

今回のトランポリンは、悪い意味で話題になっており、ツイッターだとミステリーゾーンの検索候補に「ゴミ」が出てくるほど評判が悪かったものです

トランポリンが話題に

 「スプラトゥーン2」のつぶあんvsこしあんフェスは、トランポリンが話題になっていました。

 トランポリンは、ミステリーゾーンに追加されていたギミックです。

 ギミック内容はそのまま、乗ると跳ねるというトランポリン的な現象が発生するというものです。

「スプラトゥーン2」のトランポリンは、高く跳ぶには少しコツが必要だったので、これが分かっていないと落ちまくった可能性もあったと思われます

 今回のミステリーゾーンのトランポリンは、悪い意味で話題になっており、ツイッターだとミステリーゾーンの検索候補に「ゴミ」が出てくるほど評判が悪かったものです。

 これは、落ちてイライラするというような部分が「ゴミ」評価に繋がっています。

 ただ、この落ちてイライラするというのはプレイヤースキルの問題ですが、その部分を除いても、今回のミステリーゾーンはあまり楽しくなかったかもしれません。

 トランポリンが設置されたミステリーゾーンに対してゴミという評価が出ている原因としては、塗れる場所が少ないことも大きく関係していたと思われます。

 また、中央部分を長距離ブキに占領されると、打開が難しい部分も嫌がられた感じです。

 ちなみに、「スプラトゥーン2」のミステリーゾーンのトランポリンは、高く跳ぶには少しコツが必要だったので、これが分かっていないと落ちまくった可能性もあったと思われます。

 

今回のフェスは、脈絡はありませんが、つぶダンゴムシ派の勝利で終了となっています

 ということで、今回のフェスは、脈絡はありませんが、つぶダンゴムシ派の勝利で終了となっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    長射程に取られると打開が難しいステージってちょいちょい出てくるけどなっちゃうのかな?でもそれならそれで自分達が先に取ればいいわけだし、そんなに嫌いでもなかったけどなあ。初手で負けるとその後苦しいし分からないでもないけど

  2. 匿名 より:

    ゴミまで言わないけど面倒なステージだったのは確かにね…粒ほどの相手インクにイカダッシュの勢い殺されてトランポリンに届かないとかしょっちゅうでしたわ

    トランポリンもだけど、スプラ2は塗るゲームなのに濡れない地形が多かったり、濡れるのか判別しにくいのが個人的に辛い
    リスキル防止とかの為なんだろうけど、スタートダッシュに勢いつかないし、イカダッシュも断続的になってもやもやする

  3. 匿名 より:

    トランポリンで高低差活かすとか考えないばっかじゃん?落ちて評価下げるスキルの低さにびっくり。俺はトランポリンマニューバーでヒャッハーしとったわ

  4. 匿名 より:

    49-51って問題じゃないでしょ
    ただ単にマッチングがしっかりしてる証拠

  5. 匿名 より:

    勝率(貢献度)が近い値になるって、実力近い人同士で上手くマッチングした結果じゃないの?問題か?
    勝率に大幅な差が出るような実力差マッチングをみんな望んでんの?

  6. 匿名 より:

    当然だけど、どっち派でもそれはほぼ実力に影響はしない。大まかに言えば普通のレギュラーマッチをただ2つのグループに分けて戦わせてるのと同じなんじゃないかな。
    でも母数が大きいから勝ち負けの2択だと限りなく50%に近くなる。マッチングの調整はプレイ感に対しての配慮であって勝率には影響しない。

    全部適当ですごめんなさい。