すごいへべれけ、スマブラを連想する人が。スイッチのスーファミでプレイ可能

スポンサーリンク
すごいへべれけ、スマブラを連想する人が。スイッチのスーファミでプレイ可能

 任天堂の「スマブラ」について、1つ話題が出ています。

 今回は、「すごいへべれけ」で、スマブラを連想する人がいるというものです。

 

ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン Nintendo Switch Online 追加タイトル [2020年12月]

すごいへべれけ、スイッチのスーファミ

 「Nintendo Switch Online」で遊べるソフトの追加が発表されました。

 発表されたのは、2020年12月18日(金)に追加されるソフトです。

すごいへべれけ、スイッチのスーファミ

 今回は、スーパーファミコン「くにおくんのドッジボールだよ全員集合!」、スーパーファミコン「スーパードンキーコング 3」、スーパーファミコン「ファイヤー・ファイティング」、スーパーファミコン「すごいへべれけ」、ファミコンディスクシステム「スマッシュピンポン」の5本が追加されます。

 このうち、一番有名なのは「スーパードンキーコング 3」であり、今回の追加の発表でツイッターのトレンド入りもしています。

 ただ、もう1つ密かに話題になっている作品があり、それが「すごいへべれけ」です。

 

「すごいへべれけ」が、スマブラの元祖っぽい感じがするというような部分に

スマブラを連想する人が

 「すごいへべれけ」は、サンソフトが1991年にスーパーファミコンで発売した作品です。

 ほとんどの人にとっては、聞いたことがないというような作品だと思われますが、今作は、一部で以前から有名です。

 それは、「すごいへべれけ」が、スマブラの元祖っぽい感じがするというような部分についてです。

4人のバトルアクションゲームは「スマブラっぽい」とも言われますが、その部分の発明は、「すごいへべれけ」がそうだ

 「すごいへべれけ」のゲームジャンルは、格闘アクションゲームであり、最大4人で対戦できるのが特徴です。

 これは、2人対戦が主流だった当時としては珍しい部分でもあり、今だと、4人のバトルアクションゲームは「スマブラっぽい」とも言われますが、この部分の発明は、「すごいへべれけ」がそうだというわけではないものの、スマブラが元祖というわけでもないということになっています。

 また、「すごいへべれけ」は、最後まで生き残れば勝ちという点や、通常攻撃の他に「すぺしゃるあたーく」が存在する点、アイテムが存在する点なども、スマブラっぽさを感じさせる部分になっています。

 ちなみに、「すごいへべれけ」は、見下ろし型の画面構成であり、ふっとばしや崖の攻防などがあるわけでもないので、スマブラにそっくりな作品だと言われているわけではなく、あくまでも「連想」させるような作品だということです。

 なお、「すごいへべれけ」は、「へべれけ」シリーズとして、ファミコンやスーパーファミコンで発売されており、大きく分類すれば現時点で6作品存在します。

 これら6作品のうち、大乱闘な感じのアクションゲーム作品は、なぜかこのスーパーファミコンの「すごいへべれけ」のみであり、あとは、スクロール型アクションゲーム、パズルゲーム、レースゲームとして発売されています。

 

「すごいへべれけ」は、見下ろし型の画面構成であり、ふっとばしや崖の攻防などがあるわけでもないので、スマブラにそっくりな作品

裏技

 「すごいへべれけ」については、裏技も1つ公開されています。

 公開されているのは、同じキャラクターで対戦出来るというものです。

 やり方は、タイトル画面が完全に表示された後に、↑、↓、→、←、A、B、X、Yと入力するだけです。

コメント

  1. ゲームファン より:

    またドマイナーなゲームが有名になってんな

  2. 匿名 より:

    目ん玉飛び出るお化けとお茶がうまいってやつは記憶に残ってる。
    なつかしいなぁー

タイトルとURLをコピーしました