スーパーマリオ35周年、開催期間が7か月しかない理由。本当は1年の予定

スーパーマリオ35周年、開催期間が7か月しかない理由。本当は1年の予定

 任天堂の「スーパーマリオ35周年」の情報を1つご紹介しておきます。

 今回は、開催期間が7か月しかない理由です。

 

スーパーマリオ35周年、開催期間

スーパーマリオ35周年、開催期間

 「スーパーマリオブラザーズ35周年」は、任天堂のスーパーマリオが、2020年に発売から35周年を迎えることから開催されます。

 この記念イベントは、2020年9月3日に発表され、2021年3月末まで開催されると案内されています。

 つまり、スーパーマリオ35周年の開催期間は、7か月しかないということです。

 今回、この7か月という開催期間について、1つ情報が出ています。

スーパーマリオ35周年は、本来は2020年4月から2021年3月末までの1年間の予定でした

 これによると、スーパーマリオ35周年は、本来は2020年4月から2021年3月末までの1年間の予定でした。

 2020年4月から開催予定だったのは、先日発表された「スーパーマリオメーカー2」のスーパーマリオ35周年の記念イベントのページに、現在は削除されてしまったものの、「2020年4月から開催される」と記載された旧ページがアメリカ任天堂の公式サイト内で発見されたことから判明しています。

 ちなみに、スーパーマリオ35周年は、なぜ2020年4月からではなくなったのかについては、推測でしかありませんが、発表直前に、中国の武漢から新型コロナウイルスがやって来て、全世界で死者や重傷者が多数出る状態になったために、「めでたい」イベントであるスーパーマリオ35周年の発表はふさわしくないと判断されたからだとみられています。

 その後、パニックも少し落ち着いた「E3 2020」のときが発表タイミングとしてはベターでしたが、このイベントも開催直前に、今も一部で暴動が続くBLM運動が発生し、寄付をしろ、支持を表明しろと各企業のSNSなどに突撃して来る人もいたため、この時期もふさわしくないとして見送られたのだと思われます。

 そして、最終的には、初代スーパーマリオの発売月であり、記念パッケージの発売2週間前となる、もうこれ以上は延ばせないタイミングで発表された形です。

 このような内容は、これまでも何度かご紹介しましたが、今回、「スーパーマリオメーカー2」の旧ページが発見されたことで、その理由は間違っていなかったことがほぼ確実になった形です。

スーパーマリオ35周年は、なぜ2020年4月からではなくなったのかについては、発表直前に

 なお、発表が遅れたのなら、2020年9月から1年間にすればいいのではないかと思うかもしれません。

 ただ、本当に発表直前にウイルスがやって来たので、記念イベントは2021年3月末までと明記して既に生産を開始していたような商品もあったとみられ、製造ラインの確保なども含め、生産拠点のある海外への渡航制限や在宅ワークなども続く中でそれを変更するのはなかなか難しかったのかもしれません。

予約、購入 :
 ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    今年はフルプライスのソフトが少ないと感じられるのは変わらないにせよ、こういう盛り上げる施策があったのに出来なかったっていう事情もあったんですね

  2. 匿名 より:

    後ろ(終了を)伸ばせないって事は来年はゼルダにする為かな?

  3. 匿名 より:

    スーパーマリオRPGが入っていないと言う衝撃
    合作だからなの?

  4. 匿名 より:

    ゲームウォッチ買えるようにしてくれ。転売だらけのアマゾンなんかに売らなくていいから。