USJの任天堂エリア、休園中に外観がほぼ完成。上から見ると意外と狭い?

USJの任天堂エリア、休園中に外観がほぼ完成。上から見ると意外と狭い?

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの任天堂エリアについて、1つ情報が出ています。

 今回は、休園中に外観がほぼ完成しているというものです。

 

USJの任天堂エリア、外観がほぼ完成

USJの任天堂エリア、外観がほぼ完成

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、現在、社会情勢を考慮して休園中になっています。

 この休園は2020年2月29日(土)から続いており、現時点で約3か月となっています。

 ただ、この間、新エリアの建築工事は、一部休んでいた時期はあったかもしれないものの、続けられていたようです。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2020年夏前に任天堂をテーマにした新エリアをオープンする予定にしています。

 今回、この新エリアの外観工事がほぼ完成している状態になっていることが、インスタグラムのimaiko02さんの投稿によって判明しています。

USJの任天堂エリアは、休園中に外観がほぼ完成した状態になっています

 これによると、現在は、上のような完成度です。

 よって、USJの任天堂エリアは、休園中に外観がほぼ完成した状態になっています。

 

こうして上から見ると、USJの任天堂エリアは意外と狭いのではないかとも言われています

上から見ると意外と狭い?

 USJの任天堂エリアの今回の写真は、自家用機から撮影した写真らしいです。

 このような写真は、かつて新聞社がヘリで撮影したものを公開していたことはありましたが、完成間近のものとしては今回が初だと思われます。

 ただ、こうして上から見ると、USJの任天堂エリアは意外と狭いのではないかとも言われています。

 具体的な面積はなかなか分かりにくいですが、近くに写っているクルマなどと比べると、広くはない感じです。

USJの任天堂エリアは、ハリーポッターエリアなどよりも広くないので、複数階層にすることでスペースを確保するような設計になっている

 ちなみに、USJの任天堂エリアは、ハリーポッターエリアなどよりも広くないので、複数階層にすることでスペースを確保するような設計になっているというような話も以前に出ており、今回の写真を見るとその通りになっていることも分かると思われます。

 このため、遊べるようになっている部分の面積としては、平面を中心にしたエリアよりも広いかもしれません。

 なお、現時点では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン休園の影響もあり、任天堂エリアのオープン時期は不明です。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ハリポタエリア初めて行ったとき予想以上に狭くて驚いた記憶
    複数階構造なら総合的にはハリポタより広くなるのかな?

  2. 匿名 より:

    クオリティ高い!絶対行く。

  3. 緑派のランド派の人間 より:

    目の錯覚の問題
    ごちゃついているのと、
    オブジェの高さ大きさと
    観光バスの大きさの比率からしたら、
    だいぶ大きいと思うのだけれど‥

    若干斜めになっているから空撮では小さく見え、入り口から見たら大きく見えるように感じる様にできてるわこれは。

  4. 匿名 より:

    なんか安っぽいと言うか、言っちゃ悪いけどショッピングモールの子供の遊び場を広くした感じみたい

  5. 匿名 より:

    今までUSJ行った事無かったけど、任天堂エリア目的で行ってみたくなった

  6. 匿名 より:

    吉村知事に攻撃されそうな密集度だな

  7. 匿名 より:

    USJ自体意外と小さいんだよね。今は昔みたいに資金も規模もデカく、ていう時代じゃない。室内体験型が主流になってくだろう。
    印象的にはマリオランドって感じだから、スペースセクション(fzメトロイドスターフォックス)、ネイチャーセクション(ドンキーピクミン)、おみやげ街(どう森)みたいに分けて欲しかった。
    尤もそれこそディズニーランドくらいの規模と知名度じゃなきゃダメか。

  8. 匿名 より:

    >印象的にはマリオランドって感じ

    いや3Dワールドだねこれは