アメリカ任天堂の元社長レジー氏、スピンマスターの取締役に就任

アメリカ任天堂の元社長レジー氏、スピンマスターの取締役に就任

 アメリカ任天堂の元社長レジー氏の情報が1つ出ています。

 今回は、スピンマスターの取締役に就任したというものです。

 

レジー氏、スピンマスターの取締役に

レジー氏、スピンマスターの取締役に

 アメリカの任天堂は、16年もの間、レジナルド フィサメ氏が社長を務めていました。

 レジナルド フィサメ氏は、2019年4月にアメリカ任天堂の社長職を退き、現在は任天堂との関係は切れています。

 その後、どこかのゲーム会社に行くのかとも言われていましたが、少し前にご紹介したように、レジー氏はGameStopの取締役に就任しています。

 そして、今回、また新たな役職に就いたことが発表されています。

レジー氏は、この北米などで存在感のある大手玩具メーカーの取締役に就任し、今後は、GameStopの取締役と兼務すること

 新たな役職は、スピンマスターの取締役です。

 スピンマスターとは、カナダの玩具メーカーであり、北米やヨーロッパなどでビジネスを展開しています。

 日本ではあまり聞かないかもしれませんが、元セガで、現在タカラトミーが日本で販売している「爆丸」の権利なども持っている企業です。

 レジー氏は、この北米などで存在感のある大手玩具メーカーの取締役に就任し、今後は、GameStopの取締役と兼務することになります。

 よって、レジー氏は、日本で言うところの社外取締役のような職を2つゲットしているということになっています。

 なお、記事中の「あつまれ どうぶつの森」の画像は、レジー氏が投稿しているものです。

 レジー氏は、ニンテンドーDSの頃からプライベートでも「どうぶつの森」シリーズをかなりプレイしているそうです。

  Reggie
スポンサーリンク

シェアする