ファイアーエムブレム 風花雪月、ディミトリが眼帯姿になった理由が切ない

ファイアーエムブレム 風花雪月、ディミトリが眼帯姿になった理由が切ない

 ニンテンドースイッチ「ファイアーエムブレム 風花雪月」について、ニンテンドードリーム2020年5月号で開発者がコメントしています。

 今回は、ディミトリが眼帯姿になった理由が少し語られています。

 

ファイアーエムブレム 風花雪月、ディミトリ

ファイアーエムブレム 風花雪月、ディミトリ

 「ファイアーエムブレム 風花雪月」には、ディミトリというキャラクターが登場します。

 ディミトリは、青獅子の学級の級長であり、今作の主要キャラの1人です。

 また、「ファイアーエムブレム 風花雪月」は、2部構成のゲームと言えるものであり、その後半は、前半の5年後の世界が描かれます。

 そして、5年後の世界では、3つの学級の各級長たちも成長し、前半とは容姿が少し異なるものになっています。

ディミトリの場合は、眼帯を付けた姿になっていることが明らかにされています

 この各級長の5年後の姿は、オフィシャルなゲーム紹介映像などでも公開されており、ディミトリの場合は、眼帯を付けた姿になっていることが明らかにされています。

 今回、このディミトリの眼帯姿について、開発スタッフが少しコメントしています。

 

ニンテンドースイッチ「ファイアーエムブレム 風花雪月」のディミトリが、5年後に眼帯姿になっている理由は

眼帯姿になった理由が切ない

 ニンテンドースイッチ「ファイアーエムブレム 風花雪月」のディミトリが、5年後に眼帯姿になっている理由は、ゲーム内では詳しい説明は登場しません。

 ただ、開発スタッフによると、ディミトリの眼帯姿は、5年の間に酷い目にあったことを表したものになっているとのことです。

 それが具体的に何なのかはコメントされていませんが、眼帯を付ける結果になるほど酷い目にあったのがディミトリの5年間だったそうで、その痛くてつらい日々を過ごしたディミトリを想像すると、かなり切ない感じになります。

眼帯を付ける結果になるほど酷い目にあったのがディミトリの5年間だったそうで、その痛くてつらい日々を過ごしたディミトリを想像すると、かなり切ない

 ちなみに、エーデルガルトに付いていく「紅花の章」のルートに登場するディミトリは、眼帯姿ではありません。

 これは逆に、酷い目には合わなかったルートとして描かれているので、このような容姿になっています。

 このため、ディミトリにとっては、このルートが一番幸せなのではないかと考えるかもしれませんが…

「ファイアーエムブレム 風花雪月」のディミトリの眼帯は、今作のデザインを担当した倉花千夏さんの当初のデザイン画

 なお、「ファイアーエムブレム 風花雪月」のディミトリの眼帯は、今作のデザインを担当した倉花千夏さんの当初のデザイン画には存在しなかったそうです。

 ただ、5年の間に眼帯を付けなければならないほど酷い目にあったことを表すために、インテリジェントシステムズが眼帯姿にするようにお願いし、現在のような容姿になったとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ドラクエXプレイ中 より:

    エーデルートから始めたから、
    急に厨二病になってびっくりしたわ(笑)

  2. 匿名 より:

    ビッグボスみたいな拷問にあったとか、かな。

  3. 匿名 より:

    まぁ国に殺されかけてるしな、普通に傷負って目潰れたもんだと思ってた

  4. 匿名 より:

    右目潰れた経緯が結局分からないから切ないと言われてもな

  5. 匿名 より:

    国から逃げる時に負った傷だと
    勝手に補完してたから疑問に思わなかったけど
    言われてみれば説明が無いな

  6. みお より:

    エーデルガルド編では眼帯はついていなかったけれど、死ルートで切ないと思っています。
    ディミトリ編の方が荒れに荒れてましたが最後の最後で幸せだったのではないかと思います。
    それもこれも、“先生(ベレス、ベレト)”がいるかいないかみたいな環境ですが…。