星のカービィのハル研究所、2020年3月期は赤字の決算に。40周年でも安定せず

星のカービィのハル研究所、2020年3月期は赤字の決算に。40周年でも安定せず

 「星のカービィ」シリーズでお馴染みのハル研究所の決算の情報が出ています。

 これによると、2020年3月期は赤字の決算になっています。

 

ハル研究所、2020年3月期は赤字

ハル研究所、2020年3月期は赤字

 ハル研究所は、星のカービィシリーズの開発を行っている企業です。

 現在は、任天堂のセカンドパーティ的な感じになっていますが、任天堂の子会社というわけではありません。

 今回、このハル研究所の決算内容が、官報に掲載された決算公告で明らかになっています。

 これによると、ハル研究所の2020年3月期の決算は、2億5200万円の赤字です。

 よって、ハル研究所は、2020年2月21日に創立40周年を迎えていますが、その記念日を含んだ前期1年間の業績は良くなかったようです。

ハル研究所は、2020年2月21日に創立40周年を迎えていますが、その記念となる日を含んだ前期1年間の業績は良くなかった

 ちなみに、赤字の具体的な内容は決算公告では把握できません。

 ただ、今回の赤字は、同社が2019年に発売した商品には、あまり大きく売れたものはなかったからだと思われます。

 また、ハル研究所は、2016年3月期などの決算でも赤字を出しているので、創立40周年と、ゲーム開発企業としては長い歴史を持つものの、過去に業績不振で民事再生を経験したりもしていますが、なかなか安定した経営は未だに出来ていないとも言えるかもしれません。

 なお、ハル研究所は、「星のカービィ」シリーズの本編発売時に大きく稼ぐというような経営が続いているので、今回の赤字は、「次の本編」の開発費用などの影響もあると思われることから、あまり心配はいらない感じではあります。

 しかし、前述のように、これでは経営は安定せず、またそれを行える実力もあるはずなので、「星のカービィ」シリーズの本編以外のヒット作品の創出が期待されるところです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    カービィ本編自体もシステム自体は別に新しいことはせず、過去の遺産にアレンジ加えたりしてやりくりしている状態だからなあ…

  2. 匿名 より:

    ここ一年くらい女性をターゲットにしたカービィグッズの展開が盛んだけど関係あるのかなぁ
    毎週のようにカービィのコスメやファッション系の新商品が出てる気がするんだけどw
    街中でもカービィのキーホルダーつけた女の子達見るし、それまではアミューズメント系だとポケモンが多いけど、急にカービィが増えた気がするんだよな
    流行らせたのか、需要があったのかは分からないけど

  3. 匿名 より:

    いくらグッズ人気が高めだからといってHALにお金全部入るって訳ではないからね…

  4. 匿名 より:

    ゲーム会社にしては保守的な作品を作ってるところだからな…

  5. 匿名 より:

    なんでもすいこむ~

  6. 匿名 より:

    既存路線の集大成作品を作ってからいわゆる本編は出てないね
    既存路線でもそれなりに売れると思うけど主力のカービィがそれなりだといけないのかなやっぱ
    冬のGC時代を少し思い出してしまった

  7. 匿名 より:

    リムサリアなりマッハライダーなりリブートするには面白いIPがそろってると思うんだけどな

  8. 匿名 より:

    面白いのはもちろん大事だけどカービィ以外大きめなタイトル無い(そのカービィもスピンオフは一部の例外除き売れていない)から売れるようなインパクトのあるゲーム出さないとね
    折角任天堂印で発売出来るんだし

  9. 匿名 より:

    カービィ以外タイトルが無いというかカービィ自体も配信系以外ソフトを出さない空白期間が続いてるし、カービィ関係のメディア展開もポケモンとかそういうのほど受けてるわけでもないんで当然と言えば当然