星のカービィ スターアライズ、生誕したときの姿で冒険が可能。さよならカービィ…

星のカービィ スターアライズ、生誕したときの姿で冒険が可能。さよならカービィ…

 ニンテンドースイッチ「星のカービィ スターアライズ」について、ツイッターで情報が出されています。

 今回は、生誕したときの姿で冒険が可能というものです。

 以下、非常に大きなネタバレ要素があります。

 

星のカービィ スタアラ、生誕したときの姿

星のカービィ スタアラ、生誕したときの姿

 ツイッターで出されている「星のカービィ スターアライズ」の情報は、上のようなものです。

 今回は、「The アルティメットチョイス」の最高難度を制覇すると、カービィが「生誕したときの姿」で冒険できるというものです。

「The アルティメットチョイス」の最高難度を制覇すると、カービィが「生誕したときの姿」で冒険できるというものです

 この「生誕したときの姿」は、以前から意味深だと言われている要素の1つです。

 それは、「星誕 ニル」との関係です。

「星誕 ニル」は、「星のカービィ スターアライズ」の「The アルティメットチョイス」で、「魂が飛び出る辛さExtra」をプレイすると現れる

 「星誕 ニル」は、「星のカービィ スターアライズ」の「The アルティメットチョイス」で、「魂が飛び出る辛さExtra」をプレイすると現れる、「エンデ・ニル」の最終形態です。

 以前から、何かに似ているとも言われ、星誕=生誕とも考えられ、「ティンクル・ポポ」との関係が噂されています。

 

ティンクル・ポポと星のカービィ

 「ティンクル・ポポ」は、「星のカービィ」の誕生前にHAL研究所で作られていたゲームです。

 しかし、その出来栄えはイマイチであり、任天堂の宮本茂氏の指導によって、「ティンクル・ポポ」が改良され、後の「星のカービィ」が誕生することになります。

「ティンクル・ポポ」は、「星のカービィ」の誕生前にHAL研究所で作られていたゲーム

 今回の「星のカービィ スターアライズ」の「生誕したときの姿」でプレイできるという小ネタは、「星のカービィ」1作目の姿でプレイできるという意味です。

 しかし、同時に、ニルの設定や「ティンクルスターアライズ」という能力などから、「ティンクル・ポポ」を意識した小ネタになっているとも言われています。

さよならティンクル・ポポ、そして、「さよならカービィ」

 桜井政博氏によって作り出された「ティンクル・ポポ」、そこから宮本茂氏が作り出させた「星のカービィ」、それらが真のラスボスになっている「星のカービィ スターアライズ」は、カービィ25周年を飾るにふさわしい作品であり、過去を一区切りさせ、ここからまた新たな「星のカービィ」が始まっていく(ゆっくりと次の時代へ歩み出す)という意味でもあるかもしれません。

 さよならティンクル・ポポ、そして、「さよならカービィ」。

 そういう意味で、「星のカービィ スターアライズ」は、正真正銘のカービィシリーズの四半世紀の集大成であり、四半世紀に渡るカービィシリーズの最高傑作と言ってもいい作品になっています。

 星のカービィ スターアライズ Amazon 楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    最近のゲームには珍しいサービス精神ほんとすこ

  2. 匿名 より:

    次回からは「星のデデデ」が始まるゾイ!

  3. 匿名 より:

    次回作は3Dアクションにして刷新しそう

  4. 匿名 より:

    正直ニルはやり過ぎだと思う
    最近妙に凝った裏設定作りがちだけどカービィってそんな作品じゃなかったはず