任天堂、amiiboカードの販売者に4回も情けをかけるも理解されず

任天堂、amiiboカードの販売者に4回も情けをかけるも理解されず

 任天堂に関する話題が1つ出ています。

 今回は、amiiboカードの販売者に4回も情けをかけるも理解されなかったというものです。

 

任天堂、amiiboカードの販売者に…

任天堂、amiiboカードの販売者に…

 任天堂は、amiiboというフィギュア型のゲーム周辺機器を販売しています。

 このフィギュアは、NFCのICチップが入っており、このデータをニンテンドースイッチやニンテンドー3DSで読み取ることが可能です。

 これは逆に言えば、データの読み取りにフィギュアそのものは関係なく、データが書き込まれたNFCタグがあればamiiboとして機能するということです。

 そこで、このNFCデータ入りのカードを勝手に作り、ネットで販売するような人もいます。

 もちろん、このような商品を勝手に販売することは許されておらず、今回、このamiiboカードの販売者が書類送検されていることが報じられています。

任天堂は、amiiboというフィギュア型のゲーム周辺機器を販売しています

 これによると、愛知県の34歳の会社員が、オークションサイトでamiiboカードを販売し、不正競争防止法違反の疑いで書類送検されたとのことです。

 販売した目的は「生活が苦しく小遣い稼ぎのため」だそうで、カードは「海外サイトから仕入れた」とされているので、もしかしたら今回のカードは自作ですらないかもしれません。

愛知県の34歳の会社員が、オークションサイトでamiiboカードを販売し、不正競争防止法違反の疑いで書類送検

 今回の書類送検は、任天堂からの相談で行われたものです。

 ただ、任天堂は、事前に4回にわたりこの男に警告しており、それでも販売をやめないため、警察に相談したとのことです。

 よって、1回ぐらいなら分かるものの、4回も待つのは不正な商品に対する対応としては珍しいような気もしますが、任天堂が4回も情けをかけるも理解されず書類送検されたということになっています。

任天堂が4回も情けをかけるも理解されず書類送検されたということになっています

 ちなみに、今回の販売による利益は、22枚セットを36人に販売して9万円ぐらいだったそうです。

 なお、amiiboは、基本的にはフィギュアタイプとして販売されていますが、どうぶつの森など、正規品でカードタイプのものもいくつか存在します。

  nhk.or.jp
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    何ですぐにやめなかったのか理解不能だなw

  2. 匿名 より:

    生活が苦しいのにゲームをするなよ

  3. ドラクエXプレイ中 より:

    どうぶつの森とサンリオがコラボしたやつは
    生産終了したから、
    値段が倍以上になってるからなぁー
    ほしい人は海賊版でもほしい人いるかもね

  4. 匿名 より:

    任天堂も商品の遊びを悪用された悪いニュースで取り上げられるのも嫌だろうしね~
    せっかく多くの人が楽しんでるものに水を差される思いなんじゃないかね~?

  5. 匿名 より:

    裏ロムも愛知の会社員が作ってたよな。

  6. 匿名 より:

    並べ方が適当すぎる
    いつものアレが感じられない

  7. 匿名 より:

    たかだか9万のために度重なる警告を無視して人生詰むって判断能力なさすぎて怖い

  8. 匿名 より:

    でもそろそろフィギュアじゃ置き場所困るから、任天堂もどう森以外でカード型amiibo出して欲しい。

  9. 匿名 より:

    詐欺ってやったもん勝ちてのがあるからな

  10. 匿名 より:

    正直アミーボなんて止めて欲しい
    人形欲しいなら人形売ってくれ

  11. 匿名 より:

    メルカリもAmazonも探せばいくらでも出てくるし 1人じゃないだろう

  12. 匿名 より:

    カードの方が便利なのは確かwでも違法行為は駄目だよ。

  13. 匿名 より:

    アミーボの使い方が良くわからん。
    一応だがアオリとホタルのやつ持ってるけど押し入れに眠らせた状態で居るし。