任天堂、身に覚えのない請求が届く事例が発生していると注意を促す

任天堂、身に覚えのない請求が届く事例が発生していると注意を促す

 任天堂がニンテンドーアカウントに関して注意を促しています。

 今回は、身に覚えのない請求が届く事例が発生しているとしています。

 

任天堂、身に覚えのない請求が届く事例

任天堂、身に覚えのない請求が届く事例

 任天堂の最近のゲーム機は、アカウントを作成して登録しなければ実質使えないような状態になっています。

 作成するアカウントは「ニンテンドーアカウント」というものになりますが、今回、これに関する注意を任天堂が出しています。

 それは、悪意ある第三者にニンテンドーアカウントに不正ログインされ、身に覚えのないクレジットカード請求が届く事例が発生しているというものです。

 ニンテンドーアカウントでは、eショップでゲームを購入することなどが出来ますが、知らないうちに勝手に誰かに購入されるという被害が報告されているようです。

 このような被害は、任天堂のアカウントだけの問題ではなく、他のネットサービスなどでもよく話題になるものです。

 ただ、任天堂の場合はキッズ層の利用が特に多いので、もしかしたら被害相談は他のネットサービスなどよりも多いのかもしれません。

 

任天堂は、身に覚えのない請求が届く事案が発生しないようにするための対策も公開しています

対策を公開

 任天堂は、身に覚えのない請求が届く事案が発生しないようにするための対策も公開しています。

 対策としては、パスワードの使い回しを避ける、ログイン通知を確認する、ログイン方法を絞る、二段階認証でアカウントを守るというものです。

 どれも他のネットサービスでも言われている内容なので、心配な人は一度確認しておくといいでしょう。

 ちなみに、そもそもクレジットカードの情報をニンテンドーアカウントに登録しておかなければ、仮に不正ログインされたとしても金銭的な被害は残高分だけになるとも言えるので、心配な人や子供に使わせる場合は、決済はコンビニや量販店などで販売しているニンテンドープリペイドカードだけで行うというのも1つの自衛方法です。

 ニンテンドーアカウントで身に覚えのない請求が届く事案が発生しないようにするための具体的な対策の内容は、こちらのページへどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    二段認証はGoogleのみなんだよなぁMSのあればなぁ

  2. より:

    中国に売った途端にこれだもんな。
    犯人中国組織だろうけど、売った任天堂もいい加減中国人相手に商売するときは損をすると認識しとけよ。
    DSで懲りなかったのかな。

  3. 匿名 より:

    意外と知られていませんがMSもGoogle用を追加できますよ

  4. 匿名 より:

    Togetterでもまとめられてるけど、不正ログインで使われたアカウントが凍結された場合ソフトも買い直しになるしお金も帰ってこないし泣き寝入りするしかない
    任天堂はネットワーク関係の対応がほんと杜撰だよね
    eショップでのクレカ利用のリスクが高いんだよ
    そんなにニンテンドープリペイドカードを買わせたいの?って思うわ