ペルソナ5、シリーズ累計1000万本のうちの3割ぐらいを占める結果に

ペルソナ5、シリーズ累計1000万本のうちの3割ぐらいを占める結果に

 アトラスが「ペルソナ」シリーズの累計セールスを発表しています。

 これによると、シリーズの累計セールスは1000万本を突破しているとのことです。

 

ペルソナ、シリーズ累計1000万本

ペルソナ、シリーズ累計1000万本

 アトラスのペルソナシリーズは、1996年から発売されている歴史あるゲームです。

 今回、このシリーズの累計販売本数が、公式サイトで発表されています。

 これによると、2019年8月23日時点で、ペルソナシリーズの全世界累計販売本数は1000万本を突破しているとのことです。

 シリーズ累計で1000万本を突破しているシリーズは、世の中に多数存在するわけではないので、これはなかなか凄いことです。

 ただ、前述のように、1996年から発売されていることや、これまでの派生作品や移植作品なども含めると、シリーズとしては20本ぐらい販売されていることから考えると、1本あたりの販売本数で言えばそれほどでもないので、累計販売本数としては特に凄くはないという評価も可能かもしれません

 

ペルソナ5が3割ぐらいを占める

ペルソナ5が3割ぐらいを占める

 アトラスのペルソナシリーズは、古くから存在するシリーズとしては珍しく、最近のソフトの方が大きく売れています。

 例えば、現時点で最新作の「ペルソナ5」は、公式サイトでは累計270万本突破という表記ですが、現在も継続して売れているソフトになっており、セガの名越氏が少し前に公開していたデータによれば、累計で280万本を突破しているとのことです。

 このため、アトラスのペルソナシリーズの累計1000万本は、最新作の「ペルソナ5」が全体の3割ぐらいを占める結果になっています。

 今後、完全版となる「ザ・ロイヤル」が発売されますが、この作品への期待は国内外でかなり大きいので、シリーズ累計に占める最近の作品の割合はもっと増えることになると思われます。

 なお、ペルソナは、日本ではアニメの放送でファン層を大きく拡大した感じも強いですが、海外では、その部分ももちろんありますが、「ペルソナ5」が和ゲーではなかなかノミネートすらされない、ホンモノの「Game of the Year」のノミネート作品に選ばれるなど、ナンバリング4作目ぐらいからゲームとしての評価をかなり上げて来ている部分もファン層を拡大する要因になっているようです。

  p-ch.jp

予約、購入 :
 ペルソナ5 ザ・ロイヤル Amazon 楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    実は5が一番好き
    今まで肩身狭かったけどこれからは堂々と言えるな

  2. 匿名 より:

    5割ぐらい行ってるかと思った
    R出たらそのくらいになるかな

  3. ちょっぷり より:

    基本のシステムというかゲームの進め方が完成していてやりやすい。
    なのにストーリー展開が毎回斬新で、制作スタッフの努力が感じられる。