プレイステーション5、ライトバーが消えてタッチパッドが残る?

プレイステーション5、ライトバーが消えてタッチパッドが残る?

 ソニーの「プレイステーション5」について、1つ話題が出ています。

 今回は、ライトバーが消えてタッチパッドが残るのではないかと言われています。

 

PS5、ライトバー消える?

PS5、ライトバー消える?

 次世代ゲーム機「プレイステーション5」は、本体機能もそうですが、その標準コントローラーについても、まだ情報はほとんど明らかにされていません。

 ただ、今回、ソニーが出願している意匠登録から、コントローラーの新たな機能が推測されています。

次世代ゲーム機「プレイステーション5」は、本体機能もそうですが、その標準コントローラーについても、まだ情報は

 これによると、「デュアルショック5」という名称になるとみられている、プレイステーション5用のコントローラーは、上のようなデザインになっているのではないかと言われています。

 このデザインは、PS4の「デュアルショック4」とかなり似たものです。

 このため、デュアルショック4に存在したタッチパッドは、PS5でも引き続き残るとみられています。

「デュアルショック5」という名称になるとみられている、プレイステーション5用のコントローラーは、上のようなデザイン

 一方、背面のデザインを見ると、PS4のデュアルショック4に存在した「ライトバー」が消えています。

デュアルショック4に存在したタッチパッドは、PS5でも引き続き残るとみられています

 よって、プレイステーション5は、タッチパッドは残ったものの、それよりも評判の良くなかったライトバーは消えたのではないかと言われています。

 

プレイステーション5は、タッチパッドは残ったものの、それよりも評判の良くなかったライトバーは消えた

マイク機能搭載も

 ソニーの「プレイステーション5」は、PSVR、もしくはその新型に対応すると言われています。

 このため、ライトバーがコントローラーから消えると、PSVRのプレイ方法がこれまでとは異なる状態になるので、現時点では本当にこのデザインになるのかはよく分かりません。

 今回のデザインは、特許などと同じく、ただ単に今後使うかもしれないデザインをいくつも先に登録しているだけの可能性も普通にあります。

ライトバーがコントローラーから消えると、PSVRのプレイ方法がこれまでとは異なる状態になるので、現時点では本当にこのデザイン

 そして、こちらもまだ本当にそうなるかどうかは分からないものの、今回の資料では、ヘッドセット端子の部分が少し変更されていることも確認できます。

 「デュアルショック5」とみられるこの資料では、真ん中に縦の棒状のデザインが入るようになっています。

 これが今のところ何なのかはハッキリしませんが、資料の記述も含めて考えると、マイク機能ではないかと言われています。

 つまり、プレイステーション5では、もちろん、これまで通りヘッドセットなども使用可能だと思われますが、コントローラーだけでプレイヤーの声などを拾うことが出来るようになっているということです。

 これにより、PS5では、別の特許資料の情報もあることから、スマートスピーカーなどのように、音声操作なども可能になっているのではないかということも噂されています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    いい加減、左スティックと十字キーの位置を入れ替えろと

  2. 匿名 より:

    スティックとボタンの位置は今まで通りがベストでしょ

  3. 匿名 より:

    トリガーが付け根近くで押せないのが直ればなあ

  4. 匿名 より:

    R2がポロっととれないでほしい

  5. 匿名 より:

    スティックの位置はDS方式でも箱コン方式でも一長一短あるから、もう好きな配置のサードコントローラー買うしか無いね

  6. ps4ユーザー より:

    ライトバーを消すのは良いけど内蔵バッテリーをどうにかして欲しい。

  7. 匿名 より:

    デュアルショックはバッテリー寿命が短くてダメ。