ソニー、任天堂のWiiバイタリティーセンサー的なものも研究中

ソニー、任天堂のWiiバイタリティーセンサー的なものも研究中

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントの特許が1つ明らかになっています。

 今回は、任天堂のWiiバイタリティーセンサー的なものも研究中であるという内容です。

 

ソニーのバイタリティーセンサー的なもの

ソニーのバイタリティーセンサー的なもの

 ソニーの新たな特許は、ゲーム機のコントローラーに関するものです。

 その内容は、ゲーム機のコントローラーのグリップ部分などにセンサー類を搭載し、操作する人の生体情報を得るというような内容です。

 例えば、操作中のプレイヤーの脈拍を測定したり、発汗状態を測定するとしています。

 そして、このセンサーで測定した結果によって、ゲーム体験をプレイヤーごとに異なるものにするというのが今回の特許内容の概要です。

ソニーは、2020年の年末にプレイステーション5を発売する予定なので、今回の特許は、そのコントローラー用の技術ではないかとも一部で推測

 このような内容は、かつて、任天堂が「Wii バイタリティーセンサー」で行おうとしていたものです。

 よって、ソニーもこういう方面の研究は行っているようです。

 ちなみに、ソニーは、2020年の年末にプレイステーション5を発売する予定なので、今回の特許は、そのコントローラー用の技術ではないかとも一部で推測されています。

 ただ、こういった測定は、任天堂もほぼ諦めたように、例えば発汗量などは人によってかなりの差が存在するので、なかなか一律に判定するのが難しいものになっています。

 また、それらを上手く調整して実用化したとしても、そのコストに見合うゲーム的な面白さは提供できないと考えられるので、プレイステーション5のコントローラーに標準で付属することはないはずです。

 このため、今回のWiiバイタリティーセンサー的なものは、ソニーとしては、技術的に他社に遅れないように、一応研究だけしている内容である可能性が高いと思われます。

 なお、今回の特許は、PlayStation Cameraに関する記述などもあるので、PSVRのソフトで有効活用しようとしている内容にもなっています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    コントローラー1個で1万円越えしたら呆れを通り越して逆に面白くなってくる

  2. 匿名 より:

    ときメモACにこんなのあったな

  3. 匿名 より:

    コントローラー1個で1万越えのゲーム機は既に存在する(した)よ
    WiiUって言うんですけどね…

  4. 匿名 より:

    脈測定はリングフィットでやってるじゃん

  5. 匿名 より:

    PS5はこんなんで大丈夫か?

  6. 匿名 より:

    ソニーは技術力あるから何か面白いもの作りそう

  7. 匿名 より:

    背面パッドやらタッチパネルボタンやら、ソニーハードの独自ギミックは大体失敗モノが多いから、純粋に操作性だけ追求して欲しい。

  8. 匿名 より:

    無駄な機能でコストがかかるだけ

  9. 匿名 より:

    ソニーのDタッチパッド、PS Vitaの背面タッチ、
    マイクロソフトのKinect
    結局、ギミックはゲーム機を救わない。任天堂は、目を覚ませ。

  10. 匿名 より:

    数量限定じゃなきゃ何でもいい

  11. 匿名 より:

    ソニーのDタッチパッド、PS Vitaの背面タッチ、
    マイクロソフトのKinect
    結局、ギミックはゲーム機を救わない。任天堂は、目を覚ませ。

    いやこれ任天堂のギミックに釣られてるだけだろ

  12. 匿名 より:

    Switchの振動も目玉だった割にはあんまり
    使ってないからな
    まぁ差別化はわかるけど

  13. 匿名 より:

    まあ研究自体はやってるだろうね実装するかはおいといて
    PS4の中古制限のときもそうだけど

  14. 匿名 より:

    >結局、ギミックはゲーム機を救わない。任天堂は、目を覚ませ。

    ギミック路線で失敗したのWii Uだけだぞまだ

  15. 匿名 より:

    まぁどうでもいいから流行ってはほしい、いい意味でも悪い意味でも。