テイルズ オブ アライズ、略称はTOARISEに。シリーズの新たな一歩を刻む

テイルズ オブ アライズ、略称はTOARISEに。シリーズの新たな一歩を刻む

 バンダイナムコのテイルズオブシリーズの新作が発表されました。

 新作は、「テイルズ オブ アライズ」というものであり、略称は「TOARISE」になるとのことです。

 

新作は、「テイルズ オブ アライズ」というものであり、略称は「TOARISE」になるとのこと

テイルズ オブ アライズ、シリーズの新たな一歩

 テイルズオブシリーズについては、先日ご紹介したように、E3 2019で発表する新作が、事前に漏れたのではないかと言われていました。

 そして、今回、その事前の情報通りのものが発表されています。

 テイルズオブシリーズの新作は、「テイルズ オブ アライズ」というものになっています。

 現在、上のようなプロモーション映像が公開されています。

 今作の発売機種は、プレイステーション4、Xbox One、Steamです。

 発売日は2020年の予定です。

 なお、今作は、動画を見ると分かるように、見た目の変化がかなり入っていますが、シリーズの新たな一歩を刻む作品となることを目指して開発されていることが明らかにされています。

 

テイルズ オブ アライズ、シリーズの新たな一歩

略称はTOARISEに

 バンダイナムコのテイルズオブシリーズは、「Tales of ○○」のタイトルになっていることから、TOP、TOD、TOEなど、これまで3文字の略称で呼ばれて来ました。

 このTO●は、●の部分が他の作品と重なることはなく、Pと言えばファンタジア、Dと言えばデスティニーなど、テイルズオブシリーズの中で唯一のものになっています。

 ただ、今回の「テイルズ オブ アライズ」は、「Tales of ARISE」なので、これまでの略称で言えば「TOA」になります。

 しかし、TOAは、先に「テイルズ オブ ジ アビス」が存在するため、略称がシリーズ内で被ることになります。

略称はTOARISEに

 これについて、バンダイナムコの富澤祐介氏は、今作の略称は、「ARISE」又は「TOARISE」の使用をお薦めしていきたいと思っているとコメントしています。

 また、ツイッターのハッシュタグは、「#TOARISE」にするとされているので、公式的には「TOARISE」を「テイルズ オブ アライズ」の略称として使っていくとのことです。

 よって、今作は、これまでの「TO●」の略称を使わないという意味でも、シリーズの新たな一歩を刻む作品になります。

 ちなみに、このように略称を変えて来たのは、よく知らない人にも何であるか伝わりやすいコミュニケーションを創出していきたいという、プロデューサーとしての思いがあるからとされています。

 「TO●」の3文字の略称は、テイルズオブシリーズをよく知らない人にも既に浸透しているような気もしますが、アルファベットの最初の「A」を使っていることもあり、ここからまた新たなスタートを切るという意味であえて変えて来た部分があるのかもしれません。

 

バンダイナムコの富澤祐介氏は、今作の略称は、「ARISE」又は「TOARISE」の使用をお薦めしていきたいと思っているとコメント

プロデューサーは富澤祐介氏に

 バンダイナムコのテイルズオブシリーズについては、マザーシップタイトルとなる本編完全新作の「テイルズ オブ ゼスティリア」が、設定やクオリティー、プロデューサーのコメントなどで炎上し、本編完全新作の開発がしばらく止まる形になっていました。

 その後、炎上した当時の馬場英雄プロデューサーは、いつの間にかスクウェア・エニックスに転職しています。

 そして、スクエニで新たなテイルズっぽい作品を作っていることが発表されていたものの、その計画は少し前に中止になったと明らかにされています。

 今回の「テイルズ オブ アライズ」は、そのような炎上騒動後の初の本編完全新作ですが、プロデューサーがバンダイナムコの富澤祐介氏に変わったことも発表されています。

 富澤祐介氏は、ゴッドイーターのプロデューサーとして知られており、その派生とも言える「コードヴェイン」にもプロデューサーとして関わっています。

 最近の状況としては、ゴッドイーターは富山氏が、コードヴェインは飯塚氏が、それぞれより現場に近いプロデューサーとして活動しており、富澤祐介氏は、少し前の移植版から、テイルズオブシリーズの方を任せられている感じが強いようです。

 なお、「テイルズ オブ ゼスティリア」の炎上は、批判が出ていたのに、公式が無視を決め込んでいたことも「延焼」する原因になっています。

 このためか、TOARISEは、皆様とのコミュニケーションを活性化していくことが、今後のテイルズオブシリーズの発展の第一歩であると考えていますというようなことも富澤祐介氏がコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    みんなの声を聞いて頂けるならSwitch版にも期待してます

  2. ヨノヨノ より:

    炎上していたのは『ベルセリア』の1つ前の
    『テイルズ オブ ゼスティリア』では?

  3. マルオ より:

    炎上したのはテイルズオブ「ゼスティリア」ですけどね
    ベルセリアは良ゲーでしたが、ゼスティリアは完全なクソゲー

  4. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    修正しました!

  5. 匿名 より:

    もう「んほぉ~」のイメージしかないけど汚名挽回なるか

  6. 匿名 より:

    スイッチ版は出ないでしょう。
    テイルズシリーズてソニーの方が客層が合ってると思う。
    任天堂系で出してもいつも売り上げイマイチだし

  7. 匿名 より:

    任天堂公式サイトに掲載されていた『「テイルズオブ」シリーズ』の表記は
    『テイルズオブヴェスペリア リマスター』の発表で消滅しているみたいです

  8. 匿名 より:

    汚名挽回してどうする

  9. 匿名 より:

    テイルズシリーズやった事無いけど気になってます…
    やっぱゼノブレ2やライザのアトリエみたいに太ももがエッチなキャラがいるゲームは名作の香りがプンプンするんですよ
    あ~^可愛い女の子の太ももに挟まれてスースーしたい(届かぬ思い)

  10. 匿名 より:

    テイルズ系はブランドの存続自体が不安だわ
    上手く仕切り直ししてくれたら良いんどけどな

  11. 匿名 より:

    テイルズより酷い現場を見てきたせいか逆にちょっと安心感がある

  12. 匿名 より:

    ゼスティリアは、炎上したときに既に続編(正確には前日譚だが)やアニメ化が動いていたため、ベルセリアまでは馬Pと関連が有る。

  13. 匿名 より:

    >2019 年 06 月 10 日 21:56
    任天堂ハードにまだ力入れてた頃は売れてましたけどね
    馬場さんが客層が云々言って完全版とかで泥水かけまくったのが原因なのもあります
    現状Switchは国内で一番売れてるハードなのでそれなりに売れると思いますよ
    今回の場合売るなら後発移植ではなく完全版じゃないといけませんがね

  14. 匿名 より:

    略称とか長くても4文字にせぇや

  15. 匿名 より:

    スイッチ版は普通に出して欲しいね、ゲームボーイ時代からずっと携帯機でくまなくだしてたし、可能性は普通にあると思うけど。
    アニメのようなトゥーンはスイッチの方がウケがいいと思うし、やっぱりのRPGって携帯機でやりたいんだよね。

  16. 匿名 より:

    そのままコピペする訳にもいかないからしないけどテイルズの売り上げて検索すれば
    常にソニー系の方が売れてますけど。
    テイルズはソニーの客層が合っていますよ