WiiU、約1年ぶりにまさかの本体アップデート。サポートは続く

WiiU、約1年ぶりにまさかの本体アップデート。サポートは続く

 WiiUのシステムソフトウェアのアップデートが配信されています。

 今回は、約1年ぶりとなるアップデートです。

 

WiiU、5.5.3Jアップデート

WiiU、5.5.3Jアップデート

 WiiUは、既に全ての製品の生産を終えており、現在は、市場在庫のみになっています。

 このため、新作のパッケージソフトなども発売されなくなっていますが、今回、約1年ぶりにまさかの本体アップデートが実施されています。

 今回のアップデートは、バージョン5.5.3Jに更新するものです。

 更新内容は、「システムの安定性や利便性の向上」と案内されています。

 よって、いつもの「より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上しました」という内容だけであり、どのような更新なのかは不明です。

 ただ、今回のアップデートは、ネットなどでも少し前から対応が行われている、EUの一般データ保護規則への対応ではないかとも言われています。

 ということで、WiiUは、生産は終了しているものの、システムソフトウェアの更新によるサポートはまだ続くようです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    Wii Uでまだ遊んで居る人は結構居ますしね。
    特にVCは今の大人ゲーマーにとって必要ですし、ゲーム機でインターネットブラウザも使えますから手放せませんね。
    Switchにもインターネットブラウザが使えたら良いんですけどWii U並の性能がSwitchには足りてないから少々、不便してます。

  2. 匿名 より:

    部品保有は確か6年間だから修理サポートは2023年2月までか

  3. 匿名 より:

    Miiverseはいつになったら消えるんだ
    3DSも同様