ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、皆の想像以上にモノリスが関わる

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、皆の想像以上にモノリスが関わる

 ニンテンドースイッチとWiiUで発売中の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」について、モノリスソフトがインタビューで少しコメントしています。

 これによると、今作には、皆の想像以上にモノリスが関わった部分が存在するそうです。

 

ゼルダBOTW、モノリスが部分受託

ゼルダBOTW、モノリスが部分受託

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、任天堂の社内で作られた、いわゆる内製ソフトです。

 ただ、これは他社の大作ゲームも大体同じですが、今作も、全ての内容を完全に任天堂の社内だけで開発したわけではありません。

 今作の開発には、いくつかの企業が関わっています。

 関わっている企業の中には、「ゼノブレイド」や「ゼノブレイドクロス」などを作っている「モノリスソフト」も含まれており、モノリスは、「部分受託」で今作の開発を行っています。

 今回、この「部分受託」について、モノリスソフトがインタビューで少しコメントしています。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」でモノリスソフトが行った部分受託というのは、「一部を依頼された通りに作るだけの仕事」と思われそうなものの、実際は、皆の想像以上に多くの部分を担当

 これによると、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」でモノリスソフトが行った部分受託というのは、「一部を依頼された通りに作るだけの仕事」と思われそうなものの、実際は、皆の想像以上に多くの部分を担当したとのことです。

 また、この任天堂との仕事は、すごく大変だったものの、達成感もかなりあったことが明らかにされています。

 

グラフィック関連だけではなく、モノリス自身が考えた遊びのようなものも、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の中にいくつか入っているようです

モノリスソフトの担当箇所は…

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の開発については、モノリスソフトが皆の想像以上とコメントしているのならば、具体的にどのような箇所の開発を担当したのかが気になると思います。

 しかし、今回、これについては何も語られていません。

 おそらく、守秘義務的なものもあるので、今後もモノリスから語られることはないと思われますが、以前の任天堂のインタビューから考えると、他の任天堂作品への関与と同じく、グラフィック関連の開発支援を行うことが基本的に多かったようです。

 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、ゼルダシリーズ初のオープンワールドゲームであり、その世界の魅せ方など、グラフィックの作り方も独自の経験が必要になります。

 モノリスソフトは、こういったオープンワールドのゲームで、任天堂よりも先行しているので、その技術がグラフィック的な面でも活かされたのではないかと想像できると思われます。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の開発に関わったモノリスソフトのスタッフは、100人以上であるという情報も、以前、海外メディア

 また、今回のインタビューでは、プランナーが考えたものを実装したという話も少しだけ登場するので、グラフィック関連だけではなく、モノリス自身が考えた遊びのようなものも、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の中にいくつか入っているようです。

 なお、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の開発に関わったモノリスソフトのスタッフは、100人以上であるという情報も、以前、海外メディアによって報じられていました。

 しかし、これは間違った情報であると後に訂正されており、今作に関わったモノリスのスタッフの人数は、極端に多くも少なくもない普通の規模だったことが明らかにされています。

コメント

  1. 匿名 より:

    ゼルダで大きな仕事をしたと言えば、モノリスに入社しようとする人も増えそう
    任天堂は厳しくても、任天堂のゲームに関われるモノリスになら!って感じで
    実際はそんなに甘くもないんだろうけど

  2. 匿名 より:

    モノリスは萌オタブレイドやめてゼルダ路線で行くべき。