ゼルダの伝説 スカイウォードソード、リメイクについて青沼英二氏がコメント

ゼルダの伝説 スカイウォードソード、リメイクについて青沼英二氏がコメント

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」について、任天堂の青沼英二氏が少しコメントしています。

 今回は、リメイクに関するものです。

 

ゼルダの伝説シリーズのリメイク

ゼルダの伝説シリーズのリメイク

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は、2018年末に行われたコンサートで、リメイク版を計画しているというようなコメントが青沼英二氏から出たという情報が流れていました。

 これは、以前にご紹介したように、スカウォの「話題」が「他の人」発で出たことは事実であるものの、「青沼英二氏がその存在を明らかにした」などの部分は、ぶっちゃけフェイクニュースです。

 しかし、希望のない受け入れがたい真実よりも、自分が信じたい嘘の情報を信じるのが人間なので、正しい情報はフェイクニュースよりも圧倒的に広まらず、今でも普通に計画が存在すると信じている人が多数いると思います。

 この情報は、その伝え方は真実に近いもの、フェイクニュースに近いものなど様々ですが、海外でも伝えられたので、今回、E3 2019に関連して、海外メディアが、任天堂の青沼英二氏に質問しています。

 これによると、現在、ゼルダの伝説シリーズでリメイクを計画している作品はないとのことです。

 

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は、2018年末に行われたコンサートで、リメイク版を計画しているというようなコメントが青沼英二氏

スカイウォードソードは…

 ゼルダの伝説シリーズは、これまで過去作のリメイクが積極的に行われています。

 このため、「コンサートでその存在を認めた話」は嘘であるものの、いずれ、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のリメイクが出て来る可能性はかなり高いです。

 ただ、ゼルダの伝説シリーズは、単純に現代のハードへと移植するような展開は行いたくないようです。

いずれ、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のリメイクが出て来る可能性はかなり高いです

 任天堂の青沼英二氏は、過去作を新ハードに持って来る場合、何らかの新たな要素を追加することを重視していると明らかにしています。

 例えば、もう少しすれば発売されるニンテンドースイッチ版の「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、グラフィックがジオラマのような独特なものに変わっていて、新要素として「パネルダンジョン」というものが追加されています。

 これは逆に言えば、何らかの新たな要素の追加や変更を考え付けば、他のゼルダの伝説シリーズの過去作のリメイク版などの登場も期待できるということです。

 そして、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の場合は、それが、ボタン操作ではないかと言われることがあります。

 

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の場合は、それが、ボタン操作ではないかと言われることがあります

スカウォのボタン操作は不可能に近い

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は、2011年11月にWiiで発売された作品です。

 Wiiは、Wiiリモコンというものが最大の特徴であり、「Wiiスポーツ」など、これを使ってモーションコントロールするゲームでブームになりました。

 そして、Wiiで発売された「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」も、モーションコントロールがメインのゲームになっています。

Wiiで発売された「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」も、モーションコントロールがメインのゲームになっています

 今作のゲーム性は、簡単に言えば、リモコンを剣に見立てて敵を倒すというようなものです。

 この操作は、わりと楽しいのですが、普通のゲームよりも体を使うので長時間プレイは疲れます。

 また、Wii時代から、オプションでボタン操作も入れて欲しいというような要望もあったりしましたが、そのようなものは用意されていません。

 そこで、これをボタン操作出来るようにすれば、前述のように、リメイクに値する新要素になるのではないかと一部で言われているわけですが、これについて、海外メディアが任天堂の青沼英二氏に質問しています。

 これによると、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をモーションコントロールではなく、ボタン操作に変更するのは不可能に近いとのことです。

 

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」については、このように、まず、ゼルダの伝説シリーズでリメイクを計画

リメイクの可能性は…

 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」については、このように、まず、ゼルダの伝説シリーズでリメイクを計画している作品は現時点ではないと任天堂の青沼英二氏がコメントしています。

 また、今作のモーションコントロールを廃止したボタン操作版を出すことも不可能に近いと明らかにされています。

 これらにより、2018年末に行われたコンサートで、リメイク版を計画しているというようなコメントが青沼英二氏から出たという情報がフェイクニュースであるということもハッキリ分かったと思います。

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のリメイクに関する話については、ボタン操作が不可能に近いのは当たり前なので、ジョイコン操作

 ちなみに、今回の「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のリメイクに関する話については、ボタン操作が不可能に近いのは当たり前なので、ジョイコン操作でニンテンドースイッチに持って来ればいいというようなことも言われています。

 ただ、それは、前述のように、Wiiリモコン操作をジョイコン操作に置き換えるだけでは、プレイヤーが「持っているもの」の違いでしかなく、ゼルダらしい新要素の追加にはならないので、今回のコメントは、そのような単純な移植版は登場しないと宣言されたようなものだとも言える内容です。

 もちろん、最初に書いたように、今回の話は、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のリメイクが、今後、全く発売されないということを言いたいわけではありません。

 むしろ、何年も先を考えると、リメイクが行われる可能性はかなり高いと思われますが、その場合は、モーションコントロールはそのままに、「パネルダンジョン」のような別の大きな何かが追加されている作品になっているはずです。

予約、購入 :
 ゼルダの伝説 夢をみる島 Amazon 楽天 セブンネット
 リンク【夢をみる島】amiibo 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    wii以降の任天堂ハードに限っては独占タイトルとかが理由じゃない、本当の意味で“そのハードでしか遊べない、唯一無二の体験が出来る”ゲームがチラホラあったよね。レギンレイヴとか。
    スイッチにも他社ハードには無い機能があるんだから、サードはスペック足りなくて出せないとか嘆く前にスイッチの機能フル活用した、スイッチでしか遊べないアイデア満載のゲーム作るべきだと思う。グラフィックに拘らないインディーメーカーがそろそろスイッチ専用のゲーム考えてくれるんじゃないかと期待してる

  2. 匿名 より:

    スカウォの場合操作面ではリメイク並みのことしなきゃいけないだろうけど、出るとしてもリマスターでしょ

  3. 匿名 より:

    WiiリモコンのモーションコントロールとSwitchのJoy-Conのモーションコントロールって似てるようで厳密には違うのかな?マリオテニスエースとかでスイングモードをやってみたりした感じだとフルモーションコントロールでやっても問題はなさそうな気はするんだけどね…スカウォはハイリアの歴史、マスターソードの誕生とか、色々なゼル伝の歴史に紐づく原初とも言える物語で名作だから移植とかして欲しいんだけどねぇ…

  4. 匿名 より:

    HD振動のリマスター版スカウォが出るならやりたいんだよなー
    ジョイコンのモーションセンサーもwiiリモコンの時に比べて格段に精度上がってるし
    Switchと相性いいと思うんだけどな

    >インディーメーカーがそろそろスイッチ専用のゲーム考えてくれるんじゃないかと期待してる

    Switch版『ゼンバウンド2』はオススメですよ

  5. 匿名 より:

    単にスティックのみでのリメイクはしないって話でしょ?

  6. 匿名 より:

    特に追加要素のないトワプリHDがあったけどね

  7. 匿名 より:

    任天堂独特のハードについて行けるのが
    サードではほとんどないから。
    サードは普通に高性能のハードで出したがる
    wiiからそう。
    それはwiiからそうなので普通に高性能のハードを出してマルチにはぶられないようにして任天堂だけ頑張ればいいんじゃない。
    Joy-Conを使いこなすとかは。
    個人的には任天堂も段ボールでしかアイディア勝負のソフトがないから頑張って欲しい。
    HD振動も今のところ何の感動もないので
    もっと任天堂からメイドインワリオみたいなソフトを作って欲しいですね

  8. 匿名 より:

    トワプリHDはアミーボとかダンジョン追加あるよ。
    ゲームパッド操作も作り直した追加要素だし
    投稿は出来なくなったけどミーバースのハンコ集めるのも追加されてるよ。

  9. 匿名 より:

    ただ高性能を追い求めるなら汎用性も高いPCでいいやってなるから、多くの人が性能の劣る据え置きハードを買う理由は安価で最新のソフトが遊べる部分だよね。
    でも任天堂は自社ハードでしか得られないゲーム体験の提供に挑戦し続けていて、PCの延長では無く、ゲームの日常生活における利用価値を模索しているような、純粋にゲーム体験の幅を広げる研究をしているようで応援したくなるんだよね。

  10. 匿名 より:

    一番上のギラヒム様ww

  11. 匿名 より:

    サードに信頼されているハードでも今年発売のドラクエが普通にハブかれたりするから世の中どうなるか分からないね
    性能重視の据え置きは世界で売れる、という割には世界で一番普及スピード早いのスイッチだし

  12. 匿名 より:

    ドラクエは完全版でしょう。
    どうしてもやりたい人は発売日に買ってる。
    ドラクエ級だと契約などもあるんだと思う。
    PS4もう時期世界で一億台になりますけど。
    スイッチはどこまで売れるか。

  13. 匿名 より:

    そのハードでしか遊べないソフトを作れるのが任天堂ぐらいでしかない。
    サードに限ってはついて行けない。
    結局どのゲーム機でもだせるソフトしか作れないということを言いたいだけです。

    任天堂からもっと全くの新作を出して欲しいですね。

  14. 匿名 より:

    スマホの普及に伴いスマホをゲーム機と考えるなら世界で一番の普及率があります。
    それに目を付けてGoogleやらアップルが参入してきます。
    ますます競争が激しくなる中で闘うには
    任天堂はそのハードでしか遊べないソフトを作り出す必要があります。
    wiiスポーツとかDSの脳トレとかそのようなこのハードでしか遊べないというソフトを
    これからも提供して欲しいですね。
    それをサードもやれという期待はしていない。

  15. 匿名 より:

    そりゃ20年後30年後とかにはスマホがゲーム機になってるでしょうよ
    クラウドで高品質な映像出せるしPS含め皆死ぬ

  16. 匿名 より:

    20年後30年後も任天堂がハードメーカーであるか分からないけどやはりマリオを含め様々なコンテンツがあるのでずっと独創的なソフトを出し続けてくれるでしょうね。

    スマホのいいところはお客さんがいちいちハードが出るたびに0にならないところですよね。お客さんは伸び続ける一方。

  17. 匿名 より:

    寿命の長いPSとXBOXが今北米で大きく失速しているのはスマホの影響もあるのかもね
    アメリカはポケモンGO人気が凄まじいし