バイオハザード

カプコンのバイオハザードなどに、写真を無断使用されたとする人が裁判を起こす

スポンサーリンク
カプコンのバイオハザードなどに、写真を無断使用されたとする人が裁判を起こす

 カプコンに関する話題が海外で1つ出ています。

 話題は、カプコンの「バイオハザード」シリーズなどに、写真を無断使用されたとする人が裁判を起こしているというものです。

 

バイオハザードなど、無断使用で裁判

バイオハザードなど、無断使用で裁判

 海外のデザイナーJudy A. Juracek氏が、カプコンに対して裁判を提起しています。

 その内容は、自身の「Surfaces」という書籍とそれに付属するデジタルデータを、カプコンに無断で使用されたというものです。

記事中に掲載している比較写真などであり、書籍の画像と完全一致するようなデザインが、カプコンの「バイオハザード」などのゲームに大量

 「Surfaces」という書籍は、デザイナー向けの専門書であり、1200種類以上のデザインや模様、テクスチャーに使えるようなパターンなどが掲載されています。

 Judy A. Juracek氏は、この自身の書籍に掲載されている写真やデータが、カプコンの「バイオハザード4」や「デビル メイ クライ」などの複数のカプコン作品に無断で大量に使用されたと主張しています。

 その根拠は、記事中に掲載している比較写真などであり、書籍の画像やデータと完全一致するようなゲーム内のシーンが裁判資料の中で示されています。

カプコンは、少し前に、社内のサーバーに保存してあった情報がガチで「全バレ」しましたが、その中に、「Surfaces」のデジタルデータと同じ名称で保存されていた画像

 また、カプコンは、少し前に、社内のサーバーに保存してあった情報が、ガチで「全バレ」しましたが、その中に、「Surfaces」のデジタルデータと同じ名称で保存されていた画像もあったと主張されています。

 このため、「全バレ」情報により、パクリの新たな証拠をつかんだから提訴したというような部分もあるようです。

Judy A. Juracek氏は、カプコンに対して、12億円の損害賠償と、無断使用した写真に対する使用料を、写真やデータ1点につき、25万円から250万円支払え

 そして、Judy A. Juracek氏は、カプコンに対して、約13億円の損害賠償と、無断使用した写真に対する使用料を、写真やデータ1点につき、約27万円から約270万円を支払えと要求しています。

 ちなみに、海外メディアが、この件に関してカプコンにコメントを求めたところ、訴えられたのは本当だという回答が得られたそうです。

 ただ、詳しいコメントは得られなかったようです。

 なお、カプコンのバイオハザードシリーズについては、最新作の「バイオハザード ヴィレッジ」についても、キャラクターが、映画「武器人間」のパクリだという指摘が出ています。

 また、 重要キャラである「ドミトレスク夫人」や、

 三姉妹のデザインも、ネットで見つけた画像から無断使用したのではないかという疑いが出ています。

コメント

  1. 匿名 より:

    昔のゲームなら似たようなことはたくさんありそう
    今回のは確たる証拠が出たから訴訟沙汰までいったんだろうけど
    バイオ8のはカプコンのコンプライアンスヤバすぎとしか

  2. 匿名 より:

    参考画像拾ってくるにしても、オリジナリティだせや。。。
    コンセプトうたっといて、デジコピとか。。。
    デザイナーさん給料貰ってんのとちゃうん?
    プログラマーが兼業したんか?

  3. 岡島史浩 より:

    どうなりますかね?

  4. 匿名 より:

    昔からバイオって映画のオマージュあったよ バイオ2のスタート時点にデロリアンあったり、S.T.A.R.S.の部屋にBTFF3のメインキャスト三人の写真貼ってあったり

  5. 匿名 より:

    あそこまでお金掛けてるのに何故こういうところが…
    自分もクリエイターとして、有名大手に勤めるデザイナーってホントにレベルもオリジナリティも高くて尊敬してるけど、うーむ残念。

  6. 匿名 より:

    誰だ?ヴィレッジが名作だとか嘘ついたのは

タイトルとURLをコピーしました