ドラゴンクエスト、驚きの新情報がE3 2019前に公開される予定?

ドラゴンクエスト、驚きの新情報がE3 2019前に公開される予定?

 スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」シリーズに関する話題が1つ出ています。

 これによると、驚きの新情報が、E3 2019前に公開される予定ではないかと言われています。

追記:
 ドラゴンクエスト公式サイトから予告が出ました。

 詳しくは、「ドラクエGOがスマホに登場? ドラゴンクエスト、新作の発表会が決定」の記事を参考にどうぞ。

 

ドラゴンクエスト、驚きの新情報?

ドラゴンクエスト、驚きの新情報?

 「ドラゴンクエスト」の新情報は、週刊少年ジャンプに掲載されるパターンがほとんどです。

 そして、今回、また週刊少年ジャンプで、ドラクエ関連の案内が出ています。

 ドラクエ関連の案内が出ているのは、2019年5月27日(月)発売の週刊少年ジャンプ26号です。

 この号では、先日発表された「ドラゴンクエスト10 いばらの巫女と滅びの神 オンライン」の情報が掲載されており、「次回はWJ28号に掲載予定!」と記載されています。

 さらに、「DQに関する驚きの新情報!!」とも併記されています。

 

「DQに関する驚きの新情報!!」とも併記されています

E3 2019前に公開される予定?

 週刊少年ジャンプ26号のDQ関連の予告は、後述のように、解釈が分かれる書き方になっていますが、「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報が28号に掲載される」と解釈した場合の話をご紹介しておきます。

 まず、週刊少年ジャンプ28号は、2019年6月10日(月)発売です。

 2019年6月10日(月)は、E3 2019の開催前なので、28号で「驚きの新情報」が出るということは、当然ながらE3 2019前に明らかになる情報ということになります。

 今回の情報公開は、タイミング的にはE3開催直前なので、スクウェア・エニックスがE3 2019で発表する予定のドラクエ関連の情報を、ジャンプで先に少しだけ紹介するパターンかもしれません。

「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報が28号に掲載される」と解釈した場合の話をご紹介

 もし、このパターンだと考えると、この情報は、前から噂されている「スマブラ スペシャル」へのドラクエキャラ参戦の発表ではないと言えるでしょう。

 それは、「スマブラ スペシャル」は任天堂の作品であり、任天堂は、ニンテンドーダイレクトなどの情報を「先出し」しないからです。

 ちなみに、「スマブラ スペシャル」は、先の記事でご紹介したように、2019年6月9日(日)にイベントを開催するので、その最後にダウンロードコンテンツの参戦キャラが発表される可能性もあります。

 この場合、イベントで発表→ジャンプで発表という時系列になるので、「先出し」にはなりませんが、ジャンプはいつもフラゲされて、前の週の金曜日前後にその内容が判明しています。

 そして、この状態を、情報を出す側が知らないわけはないので、2019年6月9日(日)発表予定でもフラゲが存在する以上、ジャンプ掲載だと「先出し」になってしまうため、「スマブラ スペシャル」関連の情報ではないと考えられます。

この情報は、前から噂されている「スマブラ スペシャル」へのドラクエキャラ参戦の発表ではないと言えるでしょう

 ただ、スクウェア・エニックスが単独で「先出し」権限を持っているソフトであればいいだけなので、任天堂ハードで新たに発売されるDQ作品になっている可能性は当然あります。

 また、「ドラゴンクエストヒーローズ3」など、マルチ作品の可能性もあるでしょう。

 今回の驚きの新情報は、普通に、ニンテンドースイッチ版「ドラゴンクエスト11」に関する新情報が先に少し公開されるだけのような気もしますが、果たして何が発表されるでしょうか?

 

今回の驚きの新情報は、普通に、ニンテンドースイッチ版「ドラゴンクエスト11」に関する新情報が先に少し公開されるだけ

DQ10の新情報だけの可能性も

 以下は、ややこしい話なので全く読まなくても大丈夫です。

 ただ、今回の予告と言われている内容は、ストレートに伝えることが出来る内容ではなく、解釈が分かれている話になっているため、それが気になる人用にその部分を書いておきます。

 ドラゴンクエストに関する驚きの新情報の予告は、ジャンプの文章レイアウトが微妙なので、「週刊少年ジャンプの28号にDQ10に関する驚きの新情報が掲載されている」と読めなくもありません。

 それは、DQ10の特集記事の最後に、「次回はWJ28号に掲載予定!」と書いてあり、その次の行に「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報!!」とだけ書かれているからです。

「次回はWJ28号に掲載予定!」と「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報!!」を完全に分離して読むか、セットで読む

 つまり、「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報!!」が、28号に掲載されるとは全く書かれていないということです。

 28号に掲載されるとハッキリ書かれているのは、DQ10に関する続報だけです。

 28号に「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報!!」が掲載されていると解釈するためには、「次回(のDQ10情報)はWJ28号に掲載予定!」であり、それが「ドラゴンクエスト(シリーズ)に関する驚きの新情報!!」に繋がっていると読まなければならない「とも」言えます。

 よって、「次回はWJ28号に掲載予定!」と「ドラゴンクエストに関する驚きの新情報!!」を完全に分離して読むか、セットで読むか、都合の良いところだけつまんで読むかで、人によって解釈が分かれます。

 このため、今回のこの記事のタイトルは「?」付きになっていて、断定はしていないということです。

追記:
 続報は、「ドラクエGOがスマホに登場? ドラゴンクエスト、新作の発表会が決定」の記事を参考にしておいて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ドラクエモンスターズ新作まだ?

  2. 匿名 より:

    ドラクエヒーローズ3の気がする!!

  3. 匿名 より:

    E3で発表してもアメリカじゃあ空気だからな

  4. 匿名 より:

    DQ3リメイク作るって話なかったっけ

  5. 匿名 より:

    ここでドラクエ5リメイクとか発表しないと何のための映画か分からない

  6. 匿名 より:

    映画はスクエニが作らせてと申し込まれた側だろうし関連ないだろうなぁ…

  7. 匿名 より:

    この記事とは直接関係無いけどドラクエの映画、原作のウリの一つである鳥山デザインを何故か殺してるし、映像も変にチープだからスクエニ自身が作った方がクオリティー高くなりそうに感じるんだよね

  8. 匿名 より:

    普通にスマホのドラクエでしたね。
    いずれドラクエ本編もスマホで出るかもね