ファイナルファンタジー7 リメイク、野村氏の描き下ろし赤いクラウドが雑誌に

ファイナルファンタジー7 リメイク、野村氏の描き下ろし赤いクラウドが雑誌に

 スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー7 リメイク」について、1つ話題が出ています。

 今回は、野村氏の描き下ろし赤いクラウドが雑誌に登場しています。

 

FF7リメイク、野村氏の描き下ろし

FF7リメイク、野村氏の描き下ろし

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」は、プレイステーションで発売されたFF7のリメイク作品です。

 FF7と言えば、あの世界的に有名なキャラクター「クラウド」が初めて登場した作品です。

 また、このクラウドは、スクウェア・エニックスの野村哲也氏がデザインしたキャラクターです。

「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドを、野村哲也氏が雑誌向けに描き下ろしています

 FF7で誕生したクラウドは、その後、他のいくつかの作品への登場などに合わせてデザインが少し変わっています。

 そして、「ファイナルファンタジー7 リメイク」でも、また少し異なる精細さを持つクラウドを見ることが出来ます。

 今回、この「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドを、野村哲也氏が雑誌向けに描き下ろしています。

 

 野村哲也氏が描き下ろした「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドは、上のようなものです

赤いクラウドが雑誌に

 野村哲也氏が描き下ろした「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドは、上のようなものです。

 このクラウドは、雑誌「電撃プレイステーション」の表紙用に描き下ろされたものです。

 このイラストについては、せっかくの描き下ろしイラストが、電撃プレイステーションのロゴで赤くされていて残念だと思う人もいるかもしれません。

 しかし、このクラウドは、上から赤を被せたものではなく、野村哲也氏が電撃プレステーションのロゴの赤い部分まで込みで描き下ろしたものになっています。

 このため、赤いクラウドという珍しいオフィシャルなイラストが誕生しています。

野村哲也氏がわざわざ「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドを雑誌向けに描き下ろしたのは、もうすぐソフトが発売されるから

 ちなみに、野村哲也氏がわざわざ「ファイナルファンタジー7 リメイク」版のクラウドを雑誌向けに描き下ろしたのは、もうすぐソフトが発売されるからということもありますが、この雑誌がこの号で約25年間行って来た定期刊行を終了するからという部分もあります。

 つまり、定期刊行の最後を飾るために、このようなイラストがプレゼントされている部分もあるということです。

 また、この号には、野村哲也氏に「ファイナルファンタジー7 リメイク」について訊いたインタビューも掲載されています。

 よって、貴重な描き下ろしの赤いクラウドに加えて、「ファイナルファンタジー7 リメイク」に関する特集も30ページ用意されているので、ファンな人は購入してみるといいでしょう。

 定期刊行の最終号となるVol.686の発売日は2020年3月28日(土)で、価格は980円です。

 現在、予約も受け付け中です。

予約、購入 :
 電撃プレイステーション Vol.686 Amazon 楽天 セブンネット

コメント

  1. 匿名 より:

    ここ十何年くらい野村氏の絵は斜めか横を向いているイラストが大半だったから真正面を向いた今の野村氏の絵柄のクラウドの絵ってかなり新鮮

  2. 岡島史浩 より:

    長くの刊行、お疲れ様でした。

  3. 匿名 より:

    買ってきましたー
    普段買わないからここで曜日知らなければ買い逃してるとこでした