進め!キノピオ隊長、フリープレイ実施。Switch Online加入者向けに期間限定

進め!キノピオ隊長、フリープレイ実施。Switch Online加入者向けに期間限定

 ニンテンドースイッチ「進め!キノピオ隊長」について、案内が出ています。

 今回は、フリープレイが実施されると発表されています。

 

進め!キノピオ隊長、フリープレイ

進め!キノピオ隊長、フリープレイ

 「進め!キノピオ隊長」は、2018年7月にニンテンドースイッチで発売されています。

 今作は、WiiUからの移植であり、ステージなどがいくつか追加されています。

 今回、このニンテンドースイッチ版の「進め!キノピオ隊長」を無料でプレイできる機会が設けられます。

「トライアル」と命名されているものの、本編の内容を全て遊ぶことが出来る、いわゆるフリープレイとして提供される形

 無料プレイは、Nintendo Switch Onlineの加入者限定で実施され、「いっせいトライアル」と命名されています。

 実施期間は、2019年8月5日(月)12時から2019年8月11日(日)18時までの1週間です。

 この期間中は、今作を何度でも遊ぶことが可能であり、エンディングまでプレイすることも出来ます。

 よって、「トライアル」と命名されているものの、本編の内容を全て遊ぶことが出来る、いわゆるフリープレイとして提供される形になっています。

「進め!キノピオ隊長」のフリープレイは、ニンテンドースイッチのeショップで「いっせいトライアル」のソフトを、「購入にすすむ」ではなく「ダウンロード」

 「進め!キノピオ隊長」のフリープレイは、ニンテンドースイッチのeショップで「いっせいトライアル」のソフトを、「購入にすすむ」ではなく「ダウンロード」して行います。

 なお、2019年8月5日(月)12時から2019年8月18日(日)23時59分まで、本編のダウンロード版が2980円、本編のダウンロード版とDLCのセットが3844円で販売されるセールも、eショップで実施されます。

 

VR対応も実施

 ニンテンドースイッチ「進め!キノピオ隊長」は、本日、Ver. 1.3.0のアップデートが配信されています。

 このアップデートは、バグ修正などが実施されているものですが、1つ大きな内容の追加も実施されています。

 それは、VRへの対応です。

「進め!キノピオ隊長」は、今日から、「Nintendo Labo Toy-Con 04:VR Kit」のVRゴーグルToy-Conに対応するようになっています

 「進め!キノピオ隊長」は、今日から、「Nintendo Labo Toy-Con 04:VR Kit」のVRゴーグルToy-Conに対応するようになっています。

 対応内容は、4つの箱庭コースをVRで遊ぶことが出来るというものです。

 この4つの箱庭の中には、トロッコに乗るシーンも出て来るので、これまでとは違ったプレイ感が体験できるようになっています。

 ニンテンドースイッチのVRは、皆がVRと聞いて想像するようなものではなく、3D立体視への対応といった感じのものですが、キノピオ隊長の世界をより立体的に見たい場合は、ニンテンドーラボのVRを購入して試してみるといいでしょう。

 ニンテンドーラボ VR KIT Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうのは任天堂にはやってほしくなかった
    先に買った人が損しないがポリシーではなかったのか…

  2. 匿名 より:

    そんなボリュームないし
    1週間で普通に終わるな
    買った人かわいそう

  3. 匿名 より:

    1週間どころか1日でクリアすることも可能

  4. 匿名 より:

    先に買った人が損しないっていうのは、岩田さんが社長としてではなく個人的には損をさせるような事はしたくないと思ってるって言っただけ。会社としてやらないとは言えないけどって感じの前置きもしながら個人的な思いを語っただけ

  5. 匿名 より:

    岩田さんの時から言ったことを覆すはよくありましたよね。
    時代で変わることだからしゃーない。
    ガチャだって最初はやらないて言ってたし

  6. 匿名 より:

    今からプレイする人より早く遊べてるんだから損も何もないと思うけど。しかも最後まで遊べるとは言っても期間限定な訳だし

  7. 匿名 より:

    「先に買った人が損しないように」とか言い出したら、バーチャルコンソールだって該当する訳だし切りがなくなる。
    このご時世、値崩れもリメイクもするから発売日や発売直後ゲームを買うという行為に損は付き物。

  8. 匿名 より:

    このゲームの経緯を考えればあくどさはないと思うが

  9. 匿名 より:

    さすがにVCと1年前に発売されたゲームを比べるのは詭弁過ぎる
    買った俺から言わせればたった1年前のソフト無料で配布されたら腹が立つ
    こういうことこれからもやるなら
    信頼関係が崩れてプレステみたいに確実に買い控え起こる

  10. 匿名 より:

    そもそもフリプってどういう経緯から生まれたものなんだろうか…フリプ対象にされたメーカーも「お前のゲームは定価で売っても売れねえからフリプ行きな」って言われているみたいで屈辱に感じるだろうし、ユーザー側からもせっかく発売日に定価とかで買った苦労や経緯もある事を考えたら後出しで無料化されたら「じゃああの時苦労して買ったあれは何だったの?」って話になるし…フリプって双方に良い事がないんじゃないの…?

  11. 匿名 より:

    だから「どこで線引きするか」よ。
    VCも一年前のゲームも損をしたという想いは一緒なわけで。
    ゲームのサイクルも早くなっていってる中で、流石に今回のケースは期間も限定されてる訳だし、「どうせ一年後に無料になるなら買うの止めよ」っていう人より「シリーズを好きになってもらうきっかけ」の方が多いと任天堂が判断した結果だと思うが。

  12. 匿名 より:

    なんで有料のVCと無料のフリプ比べるのさ
    VCと比べるなら廉価版で損したって話だろ
    比較する対象を間違ってる

  13. 匿名 より:

    完全に劣化フリプすぎる