任天堂は無関係、マリカーに新たなケンカを売られる任天堂

任天堂は無関係、マリカーに新たなケンカを売られる任天堂

 「任天堂は無関係」というワードが、少し話題になっています。

 このワードは、例の「マリカー」に関連するものです。

 

「任天堂は無関係」というワードが、少し話題になっています

マリカーの公道カート

 「マリカー」とは、任天堂のレースゲーム「マリオカート」のことです。

 ただ、この商標を任天堂が取得していなかったため、株式会社マリカーというような、任天堂とは全然関係のない公道カート会社の誕生を許す状態になっていました。

 この株式会社マリカーは、現在は別の社名「株式会社MARIモビリティ開発」になっていますが、任天堂のサービスと紛らわしい公道カートビジネスを引き続き行っています。

 この元マリカーの公道カートビジネスは、任天堂から知的財産権の侵害行為などで訴えられ、2018年9月には、任天堂がこの裁判で勝訴したというプレスリリースを出しています。

 しかし、これは東京地裁の判決なので、現在もまだ控訴審で裁判は継続中になっているとみられています。

 

マリカーに新たなケンカを売られる任天堂

 元マリカーの公道カートビジネスは、このように、任天堂から訴えられた状態になっていますが、東京地裁の判決が出た後も、まだ続けられています。

 しかし、そのカートの車体に少し変化が生じていることが、以前から目撃されています。

 それは、カートに、「任天堂は無関係」という文字が入る状態になっているというものです。

 この「任天堂は無関係」という文字は、車体に表示することで、任天堂のサービスだと誤認させるような商法は行っていないとアピールしていると言いたいためのようです。

 ただ、任天堂のキャラっぽい衣装を着た客の乗車を引き続き認めたり、株式会社「MARI」モビリティ開発という社名にしたり、「maricar.com」というドメインでサービスを提供していたりと、自ら任天堂のサービスと勘違いさせるような行為は、まだまだいくつもある状態なので、このような表記は、任天堂にとっては新たなケンカを売られているような感じが強いと思われます。

 

商標の出願も

 「任天堂は無関係」という表記の入ったマリカーのカートは、以前から目撃されていますが、今回、そのワードが商標として出願されていることが、ツイッターで少し話題になっています。

 出願は、知財防衛株式会社というところが行っています。

 この知財防衛株式会社は、どういう会社なのかは謎ですが、以前から、株式会社マリカーと関係があるのではないかと言われています。

 それは、株式会社マリカーの「マリカーホールディングス株式会社」の登録住所と、「知財防衛株式会社」の登録住所が同じだからです。

 もしかしたら、同じレンタルオフィスか何かを使っているなどで、偶然同じになっているだけかもしれませんが、訴えられたときに続いて、「任天堂は無関係」の商標出願でも再度、知財防衛株式会社が関係しているということは、そのまま、マリカーの関連会社と考えてもいいような感じも強いです。

 なお、商標は、そのワードの中に、他社の名前や商品名などが入っている場合は認められないので、この「任天堂は無関係」の単語が商標として登録されることは絶対にありません。

 このようなことは、知財防衛株式会社も最初から分かっているはずなので、こういう点でも、任天堂は、株式会社マリカーと関係があるかもしれない他社からバカにされていたり、ケンカを売られているような状態になっています。

 任天堂には、「任天堂は無関係」の表記でカートビジネスの注目を集める、「任天堂」を商業利用した炎上商法のようなものとして、こちらは別件で訴えて欲しいところだと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    早くこの会社潰れてくれないかな
    任天堂にいい迷惑だよ

  2. 匿名 より:

    事故って血まみれになれば国土交通省も動くだろうね。

  3. 匿名 より:

    この手の有名どころに便乗する企業を野放しにしてはいけない。
    取り締まる法が無いのなら、法整備が必要。
    政治家や行政は仕事してくれ。情けないよ。

  4. 匿名 より:

    そもそもカート以外にも別の乗り物を使えないのか?
    ハワイだって似たような乗り物をワイキキに走り回せてたけど二人乗りで丸っこいカートだったから問題なかったんだから、それを見習えないのかね?どうしてもマリカーと同じ感じにしなければならないって言う拘りが理解出来ん…オーナーのプライドの問題だろうが、ぶっちゃけ言うとやり方が中国と全然変わんないよ。

  5. 匿名 より:

    元々任天堂のマリオカートが無ければ成り立たない商売なのに、任天堂へ嫌がらせをするとか理解できんな。

  6. 匿名 より:

    この会社を任天堂が買収すればいい

    それかこの会社に負け無いレベルの高品質な公道カートレンタルサービスを任天堂が運営すればいい
    こちらが本物のマリカーですよってね
    パチモンなんかに乗ってんだダセーって風潮にすればいい

    そうなれば「任天堂は無関係」も自分たちはパチモンですよって自らを貶めてる滑稽な構図になる

  7. 匿名 より:

    買収は儲けさせちゃうから駄目だろうな
    利用しないのが一番
    っていうかこんなダサいことなってんのにまだ利用する人いるのが驚き

  8. 匿名 より:

    頭の悪いヤクザみたいだな
    ハングレのフロント企業なんだろうか?

  9. 匿名 より:

    >この会社を任天堂が買収すればいい

    買収なんてしたら、任天堂公認になるから絶対にダメ
    はち〇を買収したDMMが株価落として「あんな所を買収するくらいだから昔からネットで工作してたんでしょ」という風潮になったのとまったく同じルート

    >パチモンなんかに乗ってんだダセーって風潮にすればいい

    そんな風潮にはならないし、そもそも任天堂が事故が多発する公道カートなんてやる訳がない。任天堂がこれを始めた後に一回でも事故起こしたら取り返しのつかないイメージ損失