世界のアソビ大全51、マリオパーティのエヌディーキューブが開発

世界のアソビ大全51、マリオパーティのエヌディーキューブが開発

 ニンテンドースイッチ「世界のアソビ大全51」の情報を1つご紹介しておきます。

 今作は、マリオパーティのエヌディーキューブが開発しています。

 

世界のアソビ大全51、エヌディーキューブ開発

世界のアソビ大全51、エヌディーキューブ開発

 「世界のアソビ大全51」は、世界で遊ばれているボードゲームやカードゲームなどを51種類集めた作品です。

 世界の様々な遊びは、ゲームソフトとしては麻雀やトランプなど、個別に1本のゲームとして発売されることも多いですが、今作はまとめて51作品収録しているのが特徴になっています。

 今回、この51作品を収録したニンテンドースイッチ用ゲームの開発元がスタッフロールで明らかになっています。

「世界のアソビ大全51」の開発はエヌディーキューブが行っています

 これによると、「世界のアソビ大全51」の開発はエヌディーキューブが行っています。

 エヌディーキューブは、任天堂のマリオパーティシリーズの開発を行っている企業です。

 細かな下請け業務は他にも色々あるのかもしれませんが、大きな業務としては、ほぼマリパ専用と言えるようなゲーム会社であり、今回、久々にマリオパーティではない作品を開発しています。

 ちなみに、「世界のアソビ大全51」は、前述のように51のミニゲームを集めた作品であり、同じミニゲーム集のマリオパーティ的な内容とも言えるので、エヌディーキューブが開発したのは自然な感じもします。

「世界のアソビ大全51」は、前述のように51のミニゲームを集めた作品と言えるので、今作もマリオパーティ的な内容でもあり、エヌディーキューブが開発

 ニンテンドースイッチ「世界のアソビ大全51」は、他には、マリオパーティーシリーズの下請けなどを行っている「シーエイプロダクション」や、プチコンなどを発売している「スマイルブーム」なども開発に関わっています。

 なお、「スマイルブーム」が開発に入っているのは、「世界のアソビ大全51」は、DSで発売された「アソビ大全」シリーズの最新作であり、元々DSの「アソビ大全」を開発していた「アジェンダ」のスタッフで「スマイルブーム」が設立されているからです。

 世界のアソビ大全51 Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする