任天堂ソフト、スマホなどとクロスプラットフォームで遊べるようにする計画なし

任天堂ソフト、スマホなどとクロスプラットフォームで遊べるようにする計画なし

 任天堂のソフトについて、古川社長が少しコメントしています。

 今回は、クロスプラットフォームについてです。

 

任天堂ソフトとクロスプラットフォーム

任天堂ソフトとクロスプラットフォーム

 ゲームソフトは、複数のハードで同時発売されることが当たり前のようになっています。

 このようなマルチ発売のソフトは、特にオンラインプレイモードがある場合、その仕様になっていることが多くなっていますが、ハードを超えて遊ぶことが出来るものもあります。

 このような形態は、「クロスプラットフォーム」などと呼ばれます。

 今回、このクロスプラットフォームの仕様について、任天堂の古川社長が少しコメントしています。

任天堂も株式会社ポケモンと事前に協議したことが明らかにされており、ゲームジャンルや想定する顧客を考えて、クロスプラットフォーム発売

 これによると、任天堂ソフトでクロスプラットフォームで発売する計画にしているゲームはないそうです。

 今回のコメントは、任天堂がプレイステーションでソフトを出していたりするわけではないので、ある意味アタリマエではあります。

 ただ、任天堂はスマホでもゲームを発売しているので、主に、スマホとクロスプラットフォームで発売する予定はあるのかというような趣旨で質問が出され、それに回答しているものです。

任天堂ソフトがスマホなどとクロスプラットフォームで遊べることはないのかどうかは分かりませんが、「ポケモンユナイト」はかなり例外であり

 また、任天堂が直接発売するソフトではないものの、任天堂が関連する株式会社ポケモンは、「ポケモンユナイト」という、「リーグ・オブ・レジェンド」のようなゲームを、スマホとニンテンドースイッチのクロスプラットフォームで発売する予定にしています。

 この発売には、任天堂も株式会社ポケモンと事前に協議したことが明らかにされており、ゲームジャンルや想定する顧客を考えて、クロスプラットフォーム発売を認めたというようなことがコメントされています。

 よって、未来永劫、任天堂ソフトがスマホなどとクロスプラットフォームで遊べることはないのかどうかは分かりませんが、「ポケモンユナイト」はかなり例外であり、現時点ではそういった仕様のゲームの発売は計画されていないということになっています。

 なお、スマホでも同じものが遊べるとなると、今よりも更にゲーム機は購入されなくなっていくので、やはりハードメーカーとしては、一時的な収益の誘惑は強いと思われるものの、自社ハード以外で自社のソフトを遊べるようにするのはやめた方がいいと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    スマホで出来ることの制約にゲーム機側が縛られなくてはいけなかったりもするからね…

  2. 匿名 より:

    まあ任天堂が本腰入れたらクロスプラットフォームを想定したクオリティの高いゲームを生み出せるとは思うけど、わざわざスマホに出す必要性は今のところ無いな

  3. より:

    今回の質疑応答で1番気になったのがこれだったな、株式会社ポケモンのゲーム部門は任天堂のポケモン専門部署と言ってもいいが前からスマホにはかなり寛容的

  4. 匿名 より:

    スマホじゃないと絶対にゲームなんかしたくないって層ばかりならスイッチがこんなに売れるわけないしな

  5. 匿名 より:

    任天堂ソフトは品質の良いものが多いから、マルチ販売しないのはもったいないと思うけどな
    任天堂ソフトの最大の欠点が任天堂ゲーム機独占であることなのはよく言われていたから、今回の社長の発言に失望した株主は少なからずいると思う
    でもこれは今の社長の方針だから、次の社長の考えによってはスマホやpsにもソフトを出すかもしれない

  6. 匿名 より:

    次の社長の考えによってはスマホやpsにもソフトを出す

    ずっと先の将来に任天堂ゲーム機だけでは経営困難になればやるかもな。

  7. 匿名 より:

    任天堂ゲーム機の最大の利点は任天堂ソフトが独占であることなんだよなあ

  8. 匿名 より:

    そもそも、スマホのOSは切り替えが早すぎる上に互換性問題でまくっているんだから、任天堂位ブランドが定着してるなら、クロスにするメリットもそこまでないんだよなぁ