Nintendo Switch Lite、修理代金は普通の本体と同じ。操作系の場合は高くなる

Nintendo Switch Lite、修理代金は普通の本体と同じ。操作系の場合は高くなる

 Nintendo Switch Liteの修理代金が公開されています。

 このハードの修理代金は、基本的に普通の本体と同じですが、場合によっては高くなるようです。

 

Nintendo Switch Lite、修理代金

Nintendo Switch Lite、修理代金

 Nintendo Switch Liteは、ニンテンドースイッチの新型として発売中です。

 今回、この新型の修理代金が、任天堂の公式サイトで公開されています。

 修理代金は、上の図が通常のニンテンドースイッチのもので、

Nintendo Switch Liteの修理代金は、普通の本体と同じになっています

 こちらの図が、Nintendo Switch Liteのものです。(税率8%の場合。以下も同じ)

 よって、Nintendo Switch Liteの修理代金は、普通の本体と同じになっています。

 ただ、ライトには、本体を立てかけるスタンドは付属していないので、「スタンドの破損」という修理項目が消えています。

 

Nintendo Switch Liteは、新型ではあるものの、基本的なハード性能は普通のニンテンドースイッチと同じ

操作系の場合は高くなる

 Nintendo Switch Liteは、新型ではあるものの、基本的なハード性能は普通のニンテンドースイッチと同じです。

 ただ、操作系が異なり、ライトは、コントローラーの取り外しが出来なくなっています。

 このため、ライトの修理項目には、「スティック、ボタン操作ができない」という修理項目が追加されています。

Nintendo Switch Liteの修理代金は、操作系の場合は、普通の本体よりも高くなってしまいます

 一方、普通のニンテンドースイッチの場合、操作系が壊れる=ジョイコンが壊れるということになるので、その修理は本体ではなく、ジョイコンの修理ということになります。

 ジョイコンの修理代金は、1本あたり、上の図のようになっており、Nintendo Switch Liteで操作系が壊れた時よりも安価に修理できます。

 よって、Nintendo Switch Liteの修理代金は、操作系の場合は、普通の本体よりも高くなってしまいます。

ニンテンドースイッチのジョイコンは、任天堂の対策が遅すぎるので、壊れやすいという評判が定着してしまいましたが、Nintendo Switch Liteの場合

 なお、ニンテンドースイッチのジョイコンやPROコンは、新型を発売するなどの、任天堂の根本的な対策が遅すぎるので、壊れやすいという評判が定着してしまいましたが、Nintendo Switch Liteの場合は、発売されたばかりということで、操作系が壊れやすいかどうかはまだ分かりません。

 普通に考えれば、より壊れにくくしているはずですが、分解してみるとスティックは同じだったという話もあるので、今後の評価待ちのような部分もあります。

 Nintendo Switch Lite 本体 Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    liteのスティックの強度がジョイコンと変わらなくて修理にこの値段で本体ごと送らないといけないとすると、批判はジョイコンどころじゃなくなると思うしなあ。
    でもこの大きさ、太さで押し込みがあるって基本的にはそんなに強度が高く丈夫な作りにするって難しそうにも感じるけどどうなんだろう

  2. 匿名 より:

    スティックは同じだったってか、対策した奴と同じだな(無印のと全く同じで製品を流用)
    通常利用で対策した奴もぶっ壊れたって情報あるん?

  3. 匿名 より:

    スティックだけじゃなくてZLZRボタンもはんだ付けのままで強度はほぼ変わらないみたいね

    当たり前だけどライトの個人分解修理はジョイコンなんかよりもハードルクッソ高いから多少器用ってレベルの人でも絶対に分解なんかしないほうがいい

  4. 匿名 より:

    丈夫になってるなら値上がりは納得だが、壊れやすさが変わらないならかなり悪質じゃないか?
    岩田社長だったらこんなやり方はしない

  5. 匿名 より:

    今の任天堂を批判するときに岩田さんの名前を出す人すごい苦手だ
    岩田社長時代は完璧な会社だったってわけでもないし、何より自分の意見を物言わぬ故人に代弁させるような行為は見ていて不快