ニンテンドースイッチ、プレイスタイルを変えられる点もアピールしたいと古川社長

ニンテンドースイッチ、プレイスタイルを変えられる点もアピールしたいと古川社長

 ニンテンドースイッチについて、任天堂の古川社長が少しコメントしています。

 この中で、プレイスタイルを変えられる点もアピールしたいと明らかにされています。

 

スイッチ、プレイスタイルを変えられる点も…

スイッチ、プレイスタイルを変えられる点も…

 ニンテンドースイッチは、任天堂的には据え置きハードということになっています。

 ただ、液晶画面付きの機器が「本体」になっているので、携帯ハードのようでもあります。

 この点について、任天堂の古川社長は、今後、スイッチならではのプレイスタイルを変えられる点もアピールしていきたいということを明らかにしています。

 よって、具体的に何かコメントされているわけではありませんが、今後は、単に、据え置きハード状態でも、携帯ハード状態でも遊べるということだけではなく、もっと積極的にこの特徴を活かしたゲームが出て来るかもしれません。

 ちなみに、去年は君島社長でしたが、抽象的にコメントされていたスイッチソフトが、後のニンテンドーラボのことだったというような事例もありました。

 

ニンテンドースイッチは、2017年3月に発売されているので、もうすぐ3年目に突入します

3年目に入ると新鮮さは薄れる

 ニンテンドースイッチは、2017年3月に発売されているので、もうすぐ3年目に突入します。

 これについても、任天堂の古川社長が少しコメントしています。

 これによると、ゲームハードは3年目に入ると、新鮮さも薄れていくということを明らかにしています。

 そして、引き続き好調さを維持するために、ソフトを出し続けることが重要であると述べています。

 よって、こちらも何か具体的な情報が出されたわけではありませんが、3年目もソフトを重視して、積極的にゲームを出していくとコメントされたということになっています。

2019年に発売される予定の任天堂ソフトとしては、「ファイアーエムブレム 風花雪月」、「どうぶつの森」、「ルイージマンション3」、「ポケモン新作」

 なお、2019年に発売される予定の任天堂ソフトとしては、「ファイアーエムブレム 風花雪月」、「どうぶつの森」、「ルイージマンション3」、「ポケモン新作」があります。

 その他、「ベヨネッタ3」や「メトロイドプライム4」という発売時期未定のソフトの発売が、2019年内に決まるかどうかも注目となっています。

 このように、ファーストソフトとしては、2019年はそれなりに充実しているので、あとは、前述のプレイスタイルを変えられる点をアピールするなどの、サプライズ的な新作ソフトや、サードの大きなソフトがあれば完璧といったところでしょう。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. だれか より:

    管理人さん管理人さん…!
    こんなコト言うのはアレなんですが…
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』です!

    以上!いつも記事ありがとうございます〜。

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    修正しました!
    “ファイヤーエンブレム”と同じく間違えそうだなあと思いつつ間違えました…

  3. 匿名 より:

    メトロイドプライム3?
    メトロイドプライムトリロジーのSwitch版か
    メトロイドプライム4のことか

  4. 管理人 より:

    こちらも修正しました!
    もうないはず…

  5. 匿名 より:

    花鳥風月でも雪月花でもないややこしいタイトル