ニンテンドースイッチ、安売りが原因でフランスのAmazonで販売停止か

ニンテンドースイッチ、安売りが原因でフランスのAmazonで販売停止か

 ニンテンドースイッチの販売について、海外で1つ話題が出ています。

 これによると、安売りが原因でフランスのAmazonで販売が停止したのではないかと言われています。

 

ニンテンドースイッチ、安売りが原因で…

ニンテンドースイッチ、安売りが原因で…

 家庭用ゲーム機は、ニンテンドースイッチも含め、ほぼ安売りされることはありません。

 通常は大手の量販店でも、定価+数%ポイント還元ぐらいとなっており、凄く安い時で10%ポイント還元ぐらいです。

 そもそも仕入れ値が高いので、割り引いて販売すると店が赤字になるので、そのようなことはどこも行わず、安価に販売されるときは、新型が出る前や、メーカー協賛など、特別な事情があるときのみです。

 今回、このように通常は値引きされないニンテンドースイッチが、フランスで大きく値下げされて販売されていたことが話題になっています。

 

このように通常は値引きされないニンテンドースイッチが、フランスで大きく値下げされて販売されていたことが話題になっています

フランスのAmazonで販売停止か

 ニンテンドースイッチが大きく値下げされ販売されていたのは、フランスのAmazonです。

 フランスにおけるニンテンドースイッチのいわゆる定価は329.99ユーロですが、Amazonでは270ユーロぐらいで売られていました。

 これは、60ユーロ、率にして18%ぐらいの値引き販売が実施されていたということです。

ニンテンドースイッチが大きく値下げされ販売されていたのは、フランスのAmazonです

 このため、任天堂は、フランスのAmazonに対する出荷を停止し、その結果、現在Amazonはニンテンドースイッチの販売を停止している状態になっています。

 ただ、マーケットプレイスで第3者が売る商品などは残っています。

 また、ニンテンドースイッチ本体のみならず、任天堂関連の商品の出荷も停止になったようで、任天堂が販売する新作ゲームの取り扱いなども正常に行われていない状態です。

 ちなみに、任天堂もAmazonもコメントを拒否しているので、本当にニンテンドースイッチの安売りが原因で販売停止状態になったのかどうかは分からないようですが、IGNのレポートによればこのような経緯になっています。

 そもそも大幅な値引きをして売っていたら赤字ではないかというような気もしますが、取引が停止状態になっているところを見ると、一部で噂されていた、プレイステーションが強いヨーロッパで、任天堂がシェアを拡大するために無理に安く出荷していたというわけではないようです。

  ign.com

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    最新のゲーム機がダンピングされるのか・・・

  2. 匿名 より:

    まあフランスは比較的任天堂が強い国だから仮にシェア拡大のために大幅値引するとしたらイギリスやドイツ辺りだと思うけど

  3. 匿名 より:

    出荷量の調整を間違えたとか?
    異様に安く売ってたから何か問題があると判断して一旦停止にしたのかな