SWハード

ニンテンドースイッチ、有機EL新型はドックの更新も可能になる

スポンサーリンク
ニンテンドースイッチ、有機EL新型はドックの更新も可能になる

 ニンテンドースイッチの情報が出ています。

 情報は、有機EL新型はドックの更新も可能になったというものです。

 

スイッチ、新型はドックの更新も

スイッチ、新型はドックの更新も

 ニンテンドースイッチのシステムソフトウェアがアップデートされています。

 今回は、本体のバージョンを「13.0.0」に更新するものです。

 アップデート内容は、以下のようになっています。

 

13.0.0アプデ

●「Bluetoothオーディオ」に対応しました。
 Bluetoothで通信するヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどをNintendo Switchと接続して使用できるようにしました。
 -Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできません。
 -Bluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していません。
 -Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があります。

●「本体」に「ドックの更新」を追加し、Nintendo Switchドックのソフトウェアを更新できるようにしました。
 更新できるNintendo SwitchドックはNintendo Switch(有機ELモデル)に同梱しているLAN端子付きのドック[HEG-007]のみです。
 ※Nintendo Switch Liteにはこの機能は追加されません。

●「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」を追加しました。
 この設定が「ON」の場合、有線でインターネット接続をしている本体がスリープになっても常にインターネットへの接続を続けるため、スマートフォンなどからソフトや追加コンテンツを購入した場合などにすぐにダウンロードが開始されます。
 「OFF」にすると一定間隔ごとにインターネットに接続してダウンロードなどを行う動作に変わりますが、その分消費電力が低下します。
 ※この設定の初期値は「ON」です。
 ※システムバージョンが13.0.0未満の場合の動作は、この設定が「ON」のときと同じです。

●「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」において、補正の開始方法を変更しました。
 従来の「スティック押し込み」から、「スティックを一定方向に倒し続ける」方法に変更しました。
 「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できるようにしました。

 

ニンテンドースイッチのドックは、ここに本体機能が搭載されているわけではないので、更新が可能になったことで、何か新機能

 ニンテンドースイッチの今回のシステムソフトウェアのアップデートは、バージョンの最初の数字が更新されたことからも分かるように、メジャーアップデートとなっています。

 一番大きな更新内容は、後述のBluetoothオーディオであり、その次が、ニンテンドースイッチの有機EL新型は、ドック(HEG-007)の更新も可能になったというものです。

 ニンテンドースイッチのドックは、ここに本体機能が搭載されているわけではないので、更新が可能になったことで、何か新機能が追加されるわけではないかもしれません。

 ただ、もし必要ならば、USBや有線LANなどの動作の改善やバージョンアップが更新で行えるようになった部分は大きいと思われます。

 ちなみに、従来のスイッチ本体で有機EL新型のドックを使うことも可能なので、もし新ドックが欲しい場合は、以前、「ニンテンドースイッチ、新型ドックだけ購入可能。TVプレイならこれで十分」でご紹介したように、今後、任天堂パーツ販売で単品購入することも出来るようになるはずです。

 

従来のスイッチ本体で有機EL新型のドックを使うことも可能なので、もし新ドックが欲しい場合

Bluetoothオーディオ対応

 ニンテンドースイッチの「13.0.0」アップデートでは、Bluetoothオーディオ対応も追加されています。

 この対応は、以前、「ニンテンドースイッチ、Bluetoothオーディオを正式サポートか。仕様追加」でご紹介していたものです。

 そのときは、Pro的なスイッチの新型に合わせて追加されるとも推測されていましたが、結局、2021年の新型はProではなかったので、有機EL新型に合わせて追加された形になっています。

 一方、「解析情報はガチ」とも改めて言えるので、同じく明らかになっているPro的な新型の登場も、2021年ではなかっただけで、今後登場して来る可能性は十分あると言えるものです。

 ちなみに、多くのメディアがPro、Proと言っていますが、実際にはPS4→PS4 Proのような性能アップではなく、解析情報では、3DS→New 3DSのような、「New ニンテンドースイッチ」ぐらいの性能アップだというのは、ここで以前からお伝えしている通りです。

 Bluetoothオーディオの接続方法や注意点については、任天堂がこちらで解説しているので参考にしておいて下さい。

 本体側でサポートがあっても、Bluetoothオーディオはその仕様上、遅延は避けられないので、ガチなゲームでは使いにくいものになっています。

 また、遅延を気にしているからか、ニンテンドースイッチのBluetoothオーディオがサポートするプロファイルとコーデックは最低限のものになっています。

 さらに、Bluetoothオーディオのマイク入力にも対応していません。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天

コメント

  1. 匿名 より:

    なにこれ
    旧型のドックの
    USB3.0にアップデート予定とかいう文言は詐欺だったってこと?

  2. 管理人 より:

    旧ドックのアップグレードは、手間が掛かりますが、
    例えば、市販のUSBメモリを用意し、それをドックのUSB端子に挿して行ってください
    というようなことも可能かと思われるので、詐欺だとはまだ言えないでしょうね。
    あとは、予定はあくまでも未定という逃げも可能ですね。

タイトルとURLをコピーしました