妖怪ウォッチ4 ぷらぷら、PS4とスイッチに登場。予約も開始

妖怪ウォッチ4 ぷらぷら、PS4とスイッチに登場。予約も開始

 レベルファイブの「妖怪ウォッチ4」の新情報が公開されました。

 新情報は、「ぷらぷら」という完全版が、PS4とスイッチで発売されるというものです。

 

妖怪ウォッチ4 ぷらぷら

妖怪ウォッチ4 ぷらぷら

 「妖怪ウォッチ4」は、「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」というタイトルで、2019年6月20日にニンテンドースイッチで発売されています。

 今回、少し前に噂が出ていたように、今作の完全版が早くも発売されると発表されました。

 完全版は、「妖怪ウォッチ4++」というタイトルです。

 この「++」は、「プラスプラス」ではなく「ぷらぷら」と読むとされています。

 また、今回は、ニンテンドースイッチの他に、プレイステーション4でも同時発売されます。

 このため、妖怪ウォッチ本編は、これまでは任天堂ハードがメインでしたが、今後はプレイステーションとマルチ化されそうになっています。

 

完全版は、「妖怪ウォッチ4++」というタイトルです

予約も開始

 レベルファイブの「妖怪ウォッチ4 ぷらぷら」は、無印版「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」の有料ダウンロードコンテンツを予め収録した作品になっています。

 つまり、これまでにニンテンドースイッチ版を購入している人は、税別1500円で「ぷらぷら」と同じ内容にすることが可能です。

この「++」は、「プラスプラス」ではなく「ぷらぷら」と読むとされています

 「ぷらぷら」で追加される内容は、新エリア「団々坂」と新ボス「のぼせトンマン」です。

 「団々坂」は、シリーズでお馴染みのエリアであり、昔の街並みが残る住宅地です。

レベルファイブの「妖怪ウォッチ4 ぷらぷら」は、無印版「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」の有料ダウンロードコンテンツを予め収録した作品

 また、新エリア「釜ゆで地獄」も追加されますが、こちらは奇妙な雰囲気の謎のエリアとされています。

「ぷらぷら」で追加される内容は、まず、新エリア「団々坂」と新ボス「のぼせトンマン」

 そして、妖怪ウォッチバスターズ的な「ぷらぷらバスターズ」というマルチプレイ要素も追加されます。

 ちなみに、「ぷらぷらバスターズ」は、オンラインで他の人とプレイ可能で、ニンテンドースイッチ版ならば本体を持ち寄ってプレイする「ローカル通信」にも対応します。

PS4&スイッチ「妖怪ウォッチ4 ぷらぷら」の発売日は2019年12月5日(木)で、価格は税別6480円

 さらに、既存の妖怪や、新妖怪も追加されます。

 PS4&スイッチ「妖怪ウォッチ4 ぷらぷら」の発売日は2019年12月5日(木)で、価格は税別6480円です。

 現在、予約も受け付け中です。

予約、購入 :
 妖怪ウォッチ4 ぷらぷら Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    妖怪も任天堂ハード独占が崩れたか
    まあローカル通信あるからキッズはスイッチ買うのかな…

  2. ドラクエXプレイ中 より:

    PS4版購入する人っていてるのか?
    子供にPS4はやらせにくいような気がするが…

  3. 匿名 より:

    これってどれくらい売れてるんだろう?

  4. 匿名 より:

    ロボニャンがもう、面影がない。ただのロボットになっちまった。このデザイン考えた奴初代からのファンをなんだと思ってるんだろうか・・・やっぱり2の真打までと3以降は別として考えた方がいいかねぇ?

  5. いんくん より:

    半年で完全版を出すのとか商品の寿命を終わらせてしまうのに。まだスイッチの”4”はジワ売れしてるのに勿体無い。それだけ資金繰りも厳しいのだろうなぁ。もうこの会社も斜陽な感じがする。クロスメディア展開にこだわり過ぎ。ゲーム会社の自覚はまだあるのかなぁ・・。

  6. 匿名 より:

    妖怪ウォッチが流行ったのはクロスメディア化したアニメのお陰だし、他のLv5作品もそういうの多いからね…