任天堂

F-ZERO、スイッチでの超リアルな新作が提案されるも却下されていたと話題に

スポンサーリンク
F-ZERO、スイッチでの超リアルな新作が提案されるも却下されていたと話題に

 任天堂の「F-ZERO」の話題が1つ出ています。

 話題は、スイッチでの超リアルな新作が提案されるも却下されていたというものです。

 

F-ZERO、スイッチでの新作

F-ZERO、スイッチでの新作

 「F-ZERO」は、任天堂のレースゲームです。

 このシリーズは、スマブラにその主人公が参戦していることもあって、知名度はかなりあります。

 しかし、15年以上も新作が発売されていないので、名前しか聞いたことがないと言われることが多い作品にもなっています。

 このため、F-ZEROの新作をプレイしてみたいという声が定期的に出ます。

 今回、このF-ZEROの新作について、海外で1つ話題が出ています。

 それは、ニンテンドースイッチ向けの新作を任天堂に提案していた人がいたというものです。

「スティールダイバー サブウォーズ」を開発した後、ニンテンドースイッチ向けに「F-ZERO」の新作を任天堂に提案したことが

 提案したのは、元任天堂のプログラマーのジャイルズ・ゴダード氏です。

 ジャイルズ・ゴダード氏は、任天堂時代に「スターフォックス」や「テン・エイティ スノーボーディング」などの開発を担当していました。

 その後、独立して自分の開発スタジオを持ち、ニンテンドー3DSの「スティールダイバー」などを開発しています。

 そして、「スティールダイバー サブウォーズ」を開発した後、ニンテンドースイッチ向けに「F-ZERO」の新作を任天堂に提案したことが明らかにされています。

「F-ZERO」の新作は、ジャイルズ・ゴダード氏曰く「超リアル」なものとして企画したそうです

 この「F-ZERO」の新作は、ジャイルズ・ゴダード氏曰く、「超リアル」なものとして企画したそうです。

 具体的には、レースは、物理エンジンやAIで制御された数百台のマシンが動き、各マシンは4つのジェット装置によりホバリング状態になっているという仕様を考えたとのことです。

 ゲーム性としては、その4つのジェット装置を1つ壊すとマシンが沈み、2つ壊すとマシンがひっくり返るというようなものを予定していたそうです。

 ただ、デモバージョンを作り、この企画を任天堂に提案したものの、任天堂から、これを実現するためには、ジャイルズ・ゴダード氏の開発スタジオでは人員が足りないのではないかと言われたとのことです。

 そこで、ジャイルズ・ゴダード氏は、予算を出してくれれば人を増やせるので、問題はないと回答したそうです。

 しかし、任天堂はやはり人員不足などを理由に、この提案にOKを出すことはなかったとのことです。

 よって、F-ZEROの新作は、「F-ZERO、新作は何度も考えた。よほど何かアイデアがないと世に出せない」という話も以前にご紹介しましたが、ニンテンドースイッチ時代という比較的新しい時代においても、提案自体はいくつかなされているものの、なかなか製品化までたどり着けないようです。

 この点について、ジャイルズ・ゴダード氏は、任天堂は古い作品を再度使用することに非常に慎重であるということもコメントしています。

 また、外部の開発会社の提案テクニック的なものとしては、完全新規作品を提案する方が任天堂に受け入れられやすいのではないかともコメントしています。

コメント

  1. 匿名 より:

    これって悲しいけどもう新作を作る気はないってことなんじゃないかな

  2. 匿名 より:

    金だけかけるのは任天堂が一番嫌がることだからな
    ゼルダより金かかりそうだけどそんなに売れないだろうからしょうがない

  3. 匿名 より:

    プロトタイプに是非やろうってほどには光るものがなかったんだろうな
    それをまだ見ぬ製品クオリティに持ってくには人手が足りないと

  4. 匿名 より:

    キャプテンファルコンは昼飯食う人っていう認識が覆ることは今後無いんだろうなぁ
    ミェンミェンの参戦PVでもう本家公認みたいな感じだったし

  5. 匿名 より:

    マリカーとスピード感や世界観が全然違うとはいえ、結局は決められたコース走って1位目指すゲーム性だから相当差別化しないとOK出ないんだろうね。
    オープンワールドで賞金稼いでマシン整備してレースに出場するってゲームデザインが考えられるけど、それじゃ他のオープンワールドレースゲーと同じだし。
    ただ売れないの分かってるから作らないんじゃないと思う。それだと同じくあまり売れないメトロイドシリーズが続々新作出る訳ないし

  6. 匿名 より:

    任天堂は社内コンペが厳しいから、うりが「超リアル」の続編ってだけなら通らんやろ

  7. 匿名 より:

    もうファンがいるのかどうかすら怪しいF-ZEROより普通に新作を作った方がいいと思うな
    リアルにする意味も分からんし

  8. 匿名 より:

    バトロワ流行ってるんだから
    レースのバトロワとして出してよ
    元々相手の破壊ありなんだから

  9. 匿名 より:

    >具体的には、レースは、物理エンジンやAIで制御された数百台のマシンが動き

    超リアルな映像で数百台のマシンでレースするゲームなんてマシンスペック的に実現可能なのかな?
    見てみたい映像ではあるけど。

  10. 匿名 より:

    もうニンテンドーSF作品ユニバースでなんか作ってくれ

  11. 匿名 より:

    さすがにF-ZEROとメトロイドじゃ格が違いすぎるかと
    スーパーメトロイドとメトロイドプライムはGOTY級の出来だし、近年だとサムスリターンズも携帯機のGOTY獲ってるし
    それに毎回百万本は売り上げるシリーズなのに売れないとか言われてるの謎

  12. 匿名 より:

    これだけ新作出てないともし出すとしたらファンからの期待は相当なものになるし、半端なものは作れないよな

タイトルとURLをコピーしました