ニンテンドースイッチ、2000万台の販売計画を取り下げ。300万も下に

ニンテンドースイッチ、2000万台の販売計画を取り下げ。300万も下に

 任天堂が2019年3月期 第3四半期の決算を発表しています。

 この中で、ニンテンドースイッチの2000万台の販売計画を取り下げています。

 

スイッチ、2000万台の販売計画を取り下げ

スイッチ、2000万台の販売計画を取り下げ

 ニンテンドースイッチは、日本や海外で非常に売れていますが、任天堂の目標には達していないのではないかと以前から言われていました。

 それは、今年度2000万台売るという、非常に高い販売計画を任天堂が立てているからです。

 今回、この「ニンテンドースイッチを2000万台売る」という販売計画が、どの程度達成できているのかという結果が出ています。

この「ニンテンドースイッチを2000万台売る」という販売計画が、どの程度達成できているのかという結果が出ています

 任天堂の2019年3月期 第3四半期決算によると、現時点での今年度のニンテンドースイッチの販売台数は1449万台です。

 よって、2000万台にはまだまだ届いていない状態です。

 

ニンテンドースイッチが2018年末の段階で1449万台しか売れていないということは、年明け以降に500万台以上も売ることは不可能ということになります

300万も下の目標に

 ゲーム業界は、日本も海外も、クリスマス需要などで年末に非常に売れるようになっています。

 このため、ニンテンドースイッチが2018年末の段階で1449万台しか売れていないということは、年明け以降に、目標達成となる500万台以上も売るのは実質不可能ということになります。

 そして、任天堂は、このような現状を鑑みた結果、ニンテンドースイッチを今年度2000万台売るという販売計画を取り下げています。

新たな計画は、300万台も下の目標になってしまったということになります

 任天堂は、従来の販売計画の取り下げ後、新たな販売計画として、スイッチを今年度1700万台売るというものを発表しています。

 よって、新たな計画は、300万台も下の目標になってしまったということになります。

 ちなみに、ニンテンドースイッチのハードは目標を達成できなかったものの、ソフトは目標を上回りそうだということも発表されています。

 任天堂は、ニンテンドースイッチのソフトについて、従来の1億本の販売目標から1.1億本の販売目標に上方修正しています。

 このため、ハードが300万台も下になったものの、ソフトが上方修正されているということは、任天堂の予想よりも皆がソフトを買っているということになります。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    1年間で2000万台ってそもそも目標としてはだいぶ高いのかな?それともそんなに高くはない?
    どっちにしろ焦る必要はない気がする、携帯機ハードでのキラータイトルだったポケモンとどう森の牽引率の事を考えて行けばまだ伸びるんじゃないかと

  2. 匿名 より:

    ラボが不発だったのと年度末にソフトが用意できなかったからかね

  3. 匿名 より:

    サードパーティを取り込むためにかなり多目に販売目標を設定した感もありましたが、正直言ってそれを差し引いても2000万台と発表した時の経営陣たちはwiiUの氷河期からswitchの熱狂へと時流が移って浮かれていた感があったとおもいます。経営陣だけはどんな時も冷静でいて欲しいですね。

  4. 匿名 より:

    サードのソフトがもっとあればねぇ…
    任天堂ソフトいくら出しても伸び悩むのはWii Uで分かってるはずなんだけど

  5. 匿名 より:

    Laboがもうちょっと発表時の話題性のままに売れてくれるような勢いがあればもうちょい誤差の範囲くらいまでは行けたのかもって思うなあ。ソフトが最低限売れたって感じで終わっちゃったからなあ。発表時の話題になり方で多少の期待はあったと思う

  6. 匿名 より:

    まあ当初から言われてる通り2000万は高すぎたな
    それでもスイッチの推移は据置歴代1位のWiiに迫る好調ぶりだけど

  7. 匿名 より:

    1700万でも十分すごいんだけどね
    2年目のPS4が1480万台らしいし
    任天堂自身がハードル上げすぎちゃってスイッチが不調な雰囲気になっちゃうのはねえ

  8. 匿名 より:

    スイッチでのサードソフトは沢山出てるんですよ
    それこそ歴代ゲームハードの中で一番ハイペースで出ていますね。2年でソフト数が1000本以上超え詳しい比較等があった筈です
    問題なのは「大手の独占サードソフト」がもっとあれば伸びたという事ですかね
    しかしスイッチは良くも悪くもマルチしやすくしてまったのでこういう流れにもなっているかもしれませんね。または大手のサードソフトなりの開発時間をまだ要するかと

  9. 匿名 より:

    2014年のwiiuの時の900万→280万台と比べると下げ幅も総数も遥かにましだけど、やっぱり調子乗ってたよね。今年からサードを大量投入するとはいったけど任天堂特有の年前半のソフト日照りの解消は来年以降になりそう。

  10. 匿名 より:

    スイッチの好調ぶりを見てから大作を開発するとなるとまだ出てこないと思うよ
    大作というほどになると開発期間は3年くらい必要だし

  11. 匿名 より:

    好調ではあるけど、据え置き機と携帯機の市場をまとめるならそれくらい行きたかったのか
    過去の据え置き機より売れている!じゃすまないと任天堂はわかっている
    でもスマホアプリも考えているしそれほど問題はないと思う

  12. 匿名 より:

    最大の問題は、年内に「どうぶつの森」「ポケモン本編」が出てしまうことで、任天堂のハード売り上げに影響を与えることのできる定番シリーズが大体出尽くしてしまうことになるということです
    マリオやゼルダ、ポケモンの新作は歓迎されるだろうけど、それらを買う人は既にハードを所有しているので、市場的にはこれ以上拡張が起きない
    本来は、脳トレやWiiスポーツ的な新奇性のあるIPが出てきてブースターとならないといけないのだけど、LABOが話題性の割に売れないという結果に終わってしまってどうにも手詰まり感がありますね
    任天堂が注力すべき新規IPは、知育玩具よりFitボクシングのような大人向け実用ソフトではなかったのかなと思う

  13. 匿名 より:

    アーケードアーカイブスのコナミのタイトルをスイッチに出してくれないか、
    グラディウスとサラマンダとグラディウス2とグラディウス3もよろしくたのむ、