ニンテンドースイッチ、幅広のジョイコンなどの準備は一応してある

ニンテンドースイッチ、幅広のジョイコンなどの準備は一応してある

 ニンテンドースイッチについて、海外で1つ話題が出ています。

 今回は、幅広のジョイコンなどの準備は一応してあるというものです。

 

スイッチ、幅広のジョイコン

スイッチ、幅広のジョイコン

 ニンテンドースイッチは、壊れやすいなど、ジョイコンが悪い意味で話題になっており、根本的に問題を解決した新型の発売が求められています。

 このスイッチのジョイコンは、現在の形状以外にも、特許資料上、いくつかのデザインが既に存在するということが海外で伝えられています。

 これによると、ニンテンドースイッチのジョイコンは、上のような幅が広くなった形状のものも特許として登録されているそうです。

 この幅広ジョイコンは、現在のものよりも見た目が劣っている感じになっていますが、おすそ分けプレイ時などの操作性は向上しているとみられています。

 また、内部パーツを配置するスペースが広くなっているので、もしかしたら、今のものよりもスティックの耐久度をアップさせることが出来るかもしれないとも言われています。

 ちなみに、この画像は、特許資料そのものではなく、それを基にデザインし直したものです。

 

この幅広ジョイコンは、現在よりも見た目が劣っている感じになっていますが、おすそ分けプレイ時などの操作性は向上

スティック+十字キーなども

 ニンテンドースイッチのジョイコンは、特許資料には、幅広のもの以外にもいくつかのデザインが存在します。

 まず、上のような、スティックを十字キーにしたジョイコンが明らかになっています。

 このようなジョイコンは、以前から、特にレトロなゲームをプレイする人などから求められているものです。

 ニンテンドースイッチは、コントローラーを取り外して、別のコントローラーに付け替えられるという仕様を活かして、様々な種類のコントローラーが出て来るのではないかと発売前に予想されていました。

 ただ、実際は、任天堂の純正で本体のレールに装着できる純正のコントローラーは、ファミコンのコントローラーぐらいしかないので、今後、十字キージョイコンなど、もっと様々なバリエーションの発売を期待したいところでしょう。

ニンテンドースイッチのジョイコンは、特許資料には、幅広のもの以外にもいくつかのデザインが存在

 また、特許資料では、上のような十字キー+スティックを搭載したジョイコンの存在も明らかになっています。

 こちらは、なぜかボタンが減っているので、あまり需要はないかもしれません。

 なお、これらのジョイコンは、最近特許出願されたものではなく、ニンテンドースイッチの発売前に出願されているデザインです。

 このため、スティックに誤作動が発生しないものなど、ジョイコンの新型が望まれるようになってから作られたものではありません。

 ただ、ニンテンドースイッチの発売前に、一応、様々なパターンを出せるように準備はしてあるということなので、今後、もしかしたら新型で採用されることもあるかもしれません。 

 Nintendo Switch Lite 本体 Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    十字キージョイコンは公式で出せってずっと思ってる
    せっかくスイッチに取り換え機能ってデカい特徴あるのになぜ出さないんだ