龍が如く7、ドラクエ好きのコマンドRPG化でペルソナが如くのようになり荒れる

龍が如く7、ドラクエ好きのコマンドRPG化でペルソナが如くのようになり荒れる

 セガが「龍が如く」シリーズの新作を発表しています。

 発表されたのは、「龍が如く7」です。

 

龍が如く7、ドラクエ好きのコマンドRPG化

龍が如く7、ドラクエ好きのコマンドRPG化

 「龍が如く」シリーズの新作は、「龍が如く7 光と闇の行方」として、2020年1月16日に発売されます。

 発売機種は、プレイステーション4です。

 「龍が如く7」は、本編のナンバリング最新作ですが、今回は主人公が春日一番に変わっています。

 そして、変わったのは主人公だけではなく、ゲームシステムが大きく変更されています。

今作のゲームシステムは、従来の「喧嘩アクション」ではなく、「コマンドRPG」になっています

 今作のゲームシステムは、従来の「喧嘩アクション」ではなく、「コマンドRPG」になっています。

 実際には、それらを融合した「ライブコマンドRPGバトル」とされていますが、実質、コマンドRPG化という理解でよいものです。

その中の1つに、新たな主人公、春日一番が「ドラクエ好き」という設定になっている部分も大きいそう

 このようになった経緯は、いくつかあるようですが、その中の1つに、新たな主人公である春日一番が「ドラクエ好き」という設定になっている部分も大きいそうです。

 このドラクエ好きの設定は、堀井雄二氏の許可を得て、ゲーム内にもパロディーセリフなどの形で登場することになります。

 ただ、今回のコマンドRPG化は、ドラクエではなくペルソナの方ではないかとも言われています。

 

ペルソナが如くのようになり荒れる

 「龍が如く7 光と闇の行方」のバトルシステムは、現時点では詳しい情報は発表されていません。

 ただ、コマンドRPG化されているのが分かる画面を見ると、ペルソナ5などによく似た画面になっています。

 このため、「ペルソナが如く」のようになったとも言われています。

 そして、このようなコマンドRPG化は、外伝作品や別のシリーズの新作でやるなら全く何も問題はないと思われますが、これまで数多くのファンがいる本編のナンバリング作品で実施したことにより、公式ツイッターには、不満が数多く寄せられて荒れる状態になっています。

 コマンドRPGは、面倒くさいからやらないという層も一定数おり、そもそもこのシリーズの客層から考えると、純粋なアクションゲームの方が向いている感じがしますが、果たして売れるでしょうか。

 なお、龍が如くシリーズは、売れてはいるものの、メガヒットレベルではないので、ゲームシステムを一新して新規層を取り込まないと完全新作が作れないほど追い込まれた状態になっている可能性もあります。

予約、購入 :
 龍が如く7 光と闇の行方 Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ドラクエに媚びるなよ

  2. 匿名 より:

    QTEの究極進化系

  3. 匿名 より:

    買うかわからないけど、これはこれで面白そうだけどね。

  4. 匿名 より:

    インタービューで名越氏はまずはこのシステムが受け入れられるかどうかを見届けたい。僕らは押し売りする気は無いですし、やっぱりアクションがあっての龍が如くスタジオ作品だよねという声が大きければ、その時はその時でまた戻したいと考えています」
    と言ってるので売れなければ戻す意思はあるみたいです

  5. 匿名 より:

    セガでいろんなことが起きたんだろうな

  6. 匿名 より:

    増える新規より減る既存のほうが多いだろこれ

  7. 匿名 より:

    サクラ大戦はアクションになったのに、、、

  8. 匿名 より:

    予算減らされたんだろうな

  9. 匿名 より:

    FFといい、これといい
    チャレンジ精神は素晴らしいけど
    何でナンバリングにしちゃうかなぁ

  10. 匿名 より:

    こういうのクレームこないのかな
    みなとみらいがめっちゃ世紀末都市みたいな印象受けるんだけど
    歌舞伎町じゃないんだから

  11. 匿名 より:

    色々試してみたいのは分かるけど、わざわざナンバリングで挑戦しなくても良かったんじゃ・・・

  12. 匿名 より:

    ジャッジアイズ含めシリーズのほとんど買っているけど、これはないわ
    こういうタイプのチンピラ好きじゃないしコマンド式も面白いと思わない
    俳優は良い人起用してんのにもったいない