ソニー、Amazonとのクラウド交渉が上手くいかずマイクロソフトと提携?

ソニー、Amazonとのクラウド交渉が上手くいかずマイクロソフトと提携?

 ソニーとマイクロソフトの提携について、もう少し詳しい情報が出ています。

 これによると、ソニーは、最初、Amazonとクラウド関連の提携を協議していたようです。

 

ソニー、Amazonとクラウド交渉?

ソニー、Amazonとクラウド交渉?

 ソニーとマイクロソフトは、先日ご紹介したように、クラウドゲーミングの部門などで業務提携しました。

 詳しい提携内容は、今後話し合われますが、ゲームメーカーとして考えた場合、ライバル関係にある両社が大規模な事業で協力し合うのはかなり珍しいことです。

 今回、この提携の裏話的なものが、ブルームバーグによって伝えられています。

 これによると、今回の提携は、ソニーのゲーム部門には事前にあまり伝えられていなかったそうです。

 事情を知っていたのは一部の上層部のみで、ほどんどのゲーム部門のスタッフは、この提携に驚いたとのことです。

ソニーは、最初、プレイステーションNowのクラウドサービスで使用している、Amazonのクラウドサービスともっと深い提携を行うことを模索

 そして、この提携は、ソニー側が持ち掛けた話だったことも明らかになっています。

 ソニーは、最初、プレイステーションNowのクラウドサービスで使用している、Amazonのクラウドサービスともっと深い提携を行うことを模索していたようです。

 しかし、商業的な面でAmazonと折り合いがつかず、提携には至らなかったとのことです。

 その後、ソニーは、2018年からマイクロソフトと提携の話をするようになり、今回の業務提携につながったとされています。

 ちなみに、Amazonは、動画や音楽配信サービスなどを次々と手がけていますが、今後、Googleと同じく、本格的なクラウドゲーミングに参入して来るとも言われているので、ソニー的には、交渉の中でAmazonに取り込まれそうな危機感も出たのかもしれません。

 なお、任天堂がマイクロソフトとクラウドゲーミングで提携するというような話も海外で出ています。

 ただ、これは、上のアナリストの一連のツイートが元になっているだけです。

 このツイートのリツイートの少なさからも分かるように、海外でも本気で相手にはされていない話題なので、このツイート自体に情報としての価値はありません。

 ただ、このツイートよりもかなり前に、任天堂がマイクロソフトとクラウドゲーミングで提携するというような話は出ていたので、E3 2019で関連の情報が出て来る可能性はあります。

 もし、任天堂もマイクロソフトとクラウドゲーミングで提携するなら、今後は、既存のハードメーカー3社 vs Google、Apple、Amazonといったような新興勢という構図になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これからはゲーム業界で生き残るのは大変だ
    しかもみんな金持ちの会社

  2. 匿名 より:

    ゲーム業界は戦争とか言われてるけど、今のゲーム業界がどんな大人の事情が飛び交う不毛な世界になったとしても好きなゲームシリーズがかつてと変わらずファンを喜ばせられるようなゲームを作り続けられる環境にはあって欲しいなって思う

  3. 匿名 より:

    現代のアタリショックの前触れにならなければいいかな

  4. 匿名 より:

    ゲーム部門の人間が提携について知らなかったとか社内政治露骨すぎ

  5. 匿名 より:

    お客はクラウドなんぞ望んでいないだろ?

  6. 匿名 より:

    クラウドはずっと先の未来には成功すると思う。
    またGoogleがすぐに成功する可能性がある
    確かに3DテレビとかVRとか新しい技術が失敗したこともあるけど。
    ガラケーが主流だった時に一気にスマホという新しい技術に食われたこともある。