あつまれ どうぶつの森、台湾のIKEAが自社カタログを再現し話題に

あつまれ どうぶつの森、台湾のIKEAが自社カタログを再現し話題に

 ニンテンドースイッチ「あつまれ どうぶつの森」について、1つ話題が出ています。

 今回は、台湾のIKEAが自社カタログをあつ森で再現しています。

 

台湾のIKEAが自社カタログをあつ森で再現しています

あつ森、IKEAがカタログ再現

 IKEAは、家具やインテリア商品などを販売している企業です。

 その商品は、店舗で直接見る他、カタログとして本になっており、書店などで無料や有料で配布されているもので確認することが出来ます。

 今回、そのようなIKEAのカタログが、「あつまれ どうぶつの森」を使って、上のように再現されています。(左が本物、右があつ森版)

あつ森、IKEAがカタログ再現

 再現したのは、あつ森ファンではなく、台湾のIKEA自身です。

 つまり、自分で自社カタログを「あつまれ どうぶつの森」バージョンにしたということです。

IKEAは、家具やインテリア商品などを販売している企業です

 そして、自分自身で再現したこともあり、その再現クオリティはかなり高く、カタログとして違和感がないようなものにもなっています。

IKEAのカタログが、「あつまれ どうぶつの森」を使って、上のように再現

再現したのは、あつ森ファンではなく、台湾のIKEA自身

自分で自社カタログを「あつまれ どうぶつの森」バージョン

上または下のページが本物のIKEAのカタログで、もう一方があつ森で再現したバージョン

 この再現画像は、上または下のページが本物のIKEAのカタログで、もう一方があつ森で再現したバージョンです。

全てのものがそのまま再現できているわけではなく、恐竜が骨に変わっているなど

 どのページも再現度はかなり高いですが、全てのものがそのまま再現できているわけではなく、恐竜が骨に変わっているなど、遊び心の部分でもありますが、少し違うものになっているページもあります。

「あつまれ どうぶつの森」の家具やインテリア商品は、そもそもIKEAのカタログなども参考にして作っていると思われることから、それを再現できる

 なお、「あつまれ どうぶつの森」の家具やインテリア商品は、そもそもIKEAのカタログなども参考にして作っていると思われることから、それを再現できるのはある意味アタリマエとも言える感じもあるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    あつ森は過去作にあった近未来とかプリンセンスみたいな
    現実離れした家具を総リストラして
    こういう無印系ばかりで揃えたから、そりゃ再現できるよな

  2. 匿名 より:

    今作は外にも家具が置けるから、現実離れしたものや、家のインテリアにはちょっと…っていう家具にも陽の目が当たることになったのにねぇ

  3. 匿名 より:

    そういえば癖のある家具ほとんど無かったな

  4. 匿名 より:

    でもわざわざ消して他のもの出すのもちょっとなぁ
    アプデで一向に家具増えないし

  5. 匿名 より:

    家具復刻してほしいけどそれ以前にアプデ前提のゲーム設計と
    ソシャゲナイズされた要素でもう最近まともにプレイしてないわ…
    アプデするなら操作性とかもっといじってほしい

  6. 匿名 より:

    やっぱ餅は餅屋、家具は家具屋なんだなぁ